「従業員持ち株会」の良いところ

上場会社の多くは「従業員持ち株会制度」を設けていると思います。

 

そして、多くの人はあまり何も深く考えずにそれに参加していると思います。

 

「持ち株会」ではたいていの場合、社員が毎月天引きで拠出している金額に応じて会社側からの報奨金がついているもので、その金額は「拠出金の3%~5%」くらいが多いと思います(私は現役時代、当初3%だった金額を5%に引き上げ、やがて10%にまで引き上げました)。

 

これだけでもメリットと言えるのですが、いかんせん株価というのは変動があるものなので、買付当初の利率で数%あっても肝心の株価自体が下落する恐れを勘案すると必ずしも「絶対的なメリット」とはなりません。

 

だからこそ、持ち株会では毎月定額を積み立てて(拠出して)決まった日に買付を行なっていくものであり(=ドル・コスト平均法)、それによって長い目で見れば株式の取得価格が抑えられていく・・・というメリットにつながります。

 

株価が上がっても下がっても関係なく、ある一定の日付で毎月毎月自社株を買い続ける・・・それが従業員持ち株会の大きな仕組みです。

この方法は長期目線でパフォーマンスが高い!というメリットがありますが、それだけではなく、社員の心が安定して幸福感を感じられる・・・というメリットもあるように思えます。

・・・・・・・・・・・

人間が幸福を感じる要因は4つあると言われています。

その4つとは、

1.成長を実感できるとき

2.他者とのつながりを感じられるとき

3.自分の人生をコントロールできていると感じられるとき

4.何か大きな目的に貢献していると感じられるとき

・・・だそうです。

そして、この上記4つをすべて含んだ行動の一つが「従業員持ち株会制度」にもあるような気がします。

 

まず、「1.成長を実感できるとき」ですが、持ち株会では当然に自分が保有する株数は増えていきます。

 

連れてその資産価値も増えていきます。

 

資産価値が増えていくと自分の経済力も上がりますが、自分自身に対する自信も上がります。

 

自信が高まると、成長したという実感も湧くハズです。

「2.他者とのつながりを感じられるとき」ですが、自社株を買う/手にするという行為は「株主になる」ということであり、他の株主とのつながりを感じられることになります。

 

「3.自分の人生をコントロールできている感じられるとき」ですが、自分の意思で自分の給料の一部を毎月積み立てている(拠出している)のですから、自分でコントロールしていることになります。

 

意図的に資産を増やしている、という事実は後々にとても強力なコントロール感につながると思います。

 

「4.何か大きな目的に貢献していると感じられる」というのには2つあります。

 

一つは「自社の成長発展、敵対的株主から自社を守る/自社ビジネスモデルを守る」といったことです。

 

もう一つは「自分の家計を守る/家計の経済的発展に貢献している」ということです。

 

多少、こじつけ的な要素もあるかもしれませんが、従業員持ち株会に参加し、毎月自社株を購入して自分の財産形成を行なうということには、外面的メリットの他にこうした内面的メリット(=幸福感を得られる)が隠されていると思います。

財産が増えるだけでなく、ハッピーにもなれるのが「従業員持ち株会の良いところ」だと思います。

 

従業員持ち株会制度は主に上場企業に限られると思いますが、そうした恵まれた環境下にある人は「参加する/上限枠まで加入する」という選択肢を選ぶのも一つの重要行為だと理解すると良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-17

    【必読】借金返済が一生終わらないのはダメなことなのか?

    一般的に「お金を借りる」と、その後は「元金+利子の返済」となります。 着実に実行していけば、か…
  2. 2022-1-19

    稼ぎ続けられる人が持つ特長/需要ある希少性

    ビジネスでは「一時的に稼ぐ」ことよりも「永久的に稼ぎ続ける」ことのほうが重要視されます。 &n…
  3. 2019-7-2

    年間200万円の貯金するとどうなる?

    たとえば、サラリーマンが稼いだお金のうち200万円を毎年単純に貯金していくと、5年後には1000万円…
  4. 2018-3-30

    【重要】お店商売の極意とは?

    お店商売では、お客さまに関して最低でも次の2つのことを考えて商売することが大事です。 その2つ…
  5. 2017-11-16

    事業が不振だった時の事業報告書は要チェック!

    上場企業では、事業年度ごとに必ず決算短信を提出して広く投資家の人の目に触れるようにすることが義務付け…
  6. 2016-11-25

    資産が生み出すお金で生活をする、という発想

    お金に色はついていない・・・とよく言われます。 サラリーマンが会社からもらう給料というお金も、…
  7. 2016-12-26

    不動産投資・投機熱が上がっている?

    先日、街の不動産屋さんの前を通りかかったら、表のガラス窓に「あなたもサラリーマン大家さんになりません…
  8. 2017-11-23

    1日8時間労働に囚われていませんか?

    今日(11月23日)は、勤労感謝の日ですね。 いつも健康で働ける身体があること、働く職場がある…
  9. 2017-3-31

    てるみくらぶ倒産に思うサラリーマンの選択・・・

    会社でクビになるサラリーマンの多くは実際に「クビ宣告」がされるまで、自分の生活が常時不安定に晒されて…
  10. 2017-10-1

    【必読】恐怖を軽減させる手法とは?

    人は恐怖を感じると、身が縮こまって動きが取れなくなります。 主な原因は脳が一時停止してしまい、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る