本当にやりたいことがあるなら借金してでもやるハズ

金融機関がお金を貸してくれることを「融資」と呼びますが、融資は一般的な「普通の借金」とはちょっと異なり、同じ「借金」でもその目的は事業のために使う資金を指します。

「普通の借金は消費を目的」としており、生活費や遊興楽費などの資金としてお金を借りる行為を指します。

「融資」は事業で利益を生むためにお金を借りるのものなので、消費目的とは性質が異なることになります。

本質的に言えば「お金を作ることを目的としてお金を借りる」ことが「融資」です。

 

・・・・・・・・・・・・

人は皆それぞれやってみたいこと、住んでみたい国(地域)、これから達成したいことがあるものです。

 

人は、もし本当にやりたいことがあるなら、借金してでもやるハズ・・・なのですが、多くの人の場合は「本当にやりたいこと」が明確になっていないがために、借金をしてまでやろう・・・と思う人は少ないと思います。

 

でも、そのやりたいことが他者の自由を侵害しない限り、それを行なうことは尊重されて良いハズです。

その「ツール=手段」としてお金があり、お金は目的化するものではなくあくまでも手段だと認識するほうがベターです。

そう考えると、やたらお金!お金!と目先のお金に執着する人のことが哀れに思えてくるようになるかもしれません。

 

そもそも、お金を稼ぐことの背景には、そのお金を得たら、そのお金を使って、やってみたい事があったハズ・・・です。

 

中には漠然と「将来のために・・・」という弱い動機でお金を稼いでいる人もいるかもしれませんが、多くの人の場合は「何らかのお金の使用目的」があったハズと思うのが自然です。

 

それが消費なのか事業目的なのかは人それぞれです(まあ、圧倒的に消費目的の人のほうが多いでしょうね)。

 

できることなら「融資」の発想・・・すなわち事業目的の発想を持ち、自分でもお金を稼いで元手資金を貯めるけども、金融機関からお金を借りてサッサと手早く事業展開をしていこう・・・・・・と考えると良いと思います。

 

サラリーマンは「消費」目的の発想しか浮かんでこないと思いますが、ビジネスマンは事業目的(=融資を受ける)発想を持ちます。

 

若いときほどやり直しがきくわけですから、将来を恐れず、やりたいことがあるなら借金をしてでもやる!・・・という強い意識を持つくらいの姿勢が大事だと思います。

 

「融資」を受けられるようになると、世界観も広がり、従来とは視線が変わりますから、一度はどこかでそうした次元・領域に挑戦してみると良いと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-10-11

    お金持ちになれる投資家の株式購入方法とは?

    ニワトリが先かタマゴが先か? ・・・と同じで、お金持ちが株式を大量に保有しているのは、「お金持…
  2. 2017-1-18

    部下の欠点・短所を指摘するときのコツ

    上司が部下を自分のデスクに呼んだとします。 上司にそのつもりがなくても、上司の言うことは得てし…
  3. 2021-3-28

    【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

    世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。 残念な…
  4. 2017-2-21

    自動的にお金が振り込まれる仕組み=「不動産投資」

    たとえば、こんなことが現実的に起きるとしたら嬉しいと思いませんか? 24時間365日休みなし…
  5. 2021-3-19

    「何を」節約するか?が大事

    節約をするなら、たとえば「少しでも多くの金を貯める/残す」といった目的意識を持ち、自分で自分に言い聞…
  6. 2017-11-18

    身だしなみとお洒落(オシャレ)の差

    最近は「身だしなみ」という言葉をほとんど聞かなくなりました。 普段お洒落には無頓着な私ですが、…
  7. 2021-5-12

    我慢せず「移動すること」を選択する意思

    地震被害・台風被害・水害・風雪被害のニュースをテレビで見聞きすると、被害に遭わた人たちの苦労が忍ばれ…
  8. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …
  9. 2017-11-1

    【ビジネスチャンス】「場」を設けられる人=「お金」を儲けられる人

    本屋に行くと「株で1億円儲ける○○」「FXで10万円を△△倍にする方法」「インターネットで□□円稼ぐ…
  10. 2017-6-16

    リーダーが社員に与えるべき正しい負荷とは?

    作用があれば反作用があるように、負荷をかけるとその負荷に反発してある種の「力」が起きます。 筋…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る