資産運用の正しい方法を学ぶ

老後の不安から資産運用に対する関心が高まっています。

 

昔は、資産運用と言えば「何がどうであれ、まずは土地!」・・・でした。

 

日々の生活、仕事、道路や電気や電車など、すべては土地がなければインフラ整備も成り立たず、したがって「土地神話」なるものが生まれ、「土地の価格は上がることはあっても下がることはない/土地を持っていれば財産として安心だ」と思われていました。

 

実際、人は空中に浮かんでいきているわけではないので、土地の需要というのは決して無くなりはしないと思います。

 

でも、土地神話は崩れ、土地はどこでも良いわけではなく、場所によってその需要度合が異なることから、需要が高い土地は財産となり得るけど、需要が低い土地は財産とはならない・・・という概念が生まれてきました。

 

選ばれる土地には、ビックリするくらいの価格がつき、価格も年々上昇します。

 

でも、選ばれない土地は、ビックリするくらい購入希望者が現れず、タダでも要らないという評価さえ出てくる始末です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

需要がある土地/選ばれる土地の価格は、普通のサラリーマンの年収の数倍~数千倍もの価格です。

 

とてもとても庶民の手が届くシロモノではなく、人は代わりに手が届きやすい「株式」や「建物(マンションなど))に資産運用の矛先を向けるようになりました。

 

30年ほど前には「バブル!という熱狂」が起こりましたが、やがて「バブル崩壊で終焉」を迎えたように、結局、こうした「投機の波」は絶えずうねりをもって上下変動を繰り返し、人々の欲をあざ笑っています。

 

だからこそ、資産運用の正しい方法を学ぶことが大事だと思います。

 

また、その前に、お金に対する誤ったメンタルブロック(お金儲けは汚いことだ/投資はインチキだ・・・など)を外すことも大切です。

 

日本人の中には「投資は悪いこと」とか、「お金は汗水たらして稼ぐべきことで投資でお金を稼ぐのは邪道」・・・などといった思い込みを持っている人もいます。

 

そうした思い込み・発想をしている人が正しく資産運用をできるとは到底思えません。

 

まずは、そうした思い込み・発想をなくすことが大事です。

 

そのうえで、「投資は楽しい」「投資で得たお金もお金であることに変わりはない」と一種の割り切った感情を持つことが大事だと思います。

 

間違った思い込みなどで、正しい資産運用を行ないきれずにいる人は案外と多くいるような気がします。

 

シニア層だけではなく、若い世代も将来のお金の不安を持っています。

 

その不安を払拭するために、できるだけ若いうちから心の準備をして、チャンスを窺い、イザというときは勇気をもって決断する姿勢が大切です。

 

お金に対するマインドセットを変え、正しい資産運用方法を身につけ、ハッピーな人生を過ごしていけると良いですね。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  2. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  3. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  4. 2018-4-24

    「自負心」という大切な気持ち

    よく「私は○○だったらできる自負があります」とか、「これまで長年やってきた自負があります」などと言っ…
  5. 2017-10-7

    新規ビジネスのチャンスを見つけるヒント=「不」の効用

    ビジネスは「まず顧客ありき」で、「顧客=需要」が必要です。 その需要を見つめるためのヒント、す…
  6. 2019-12-12

    目に見えない妄想にいつまでも囚われてはいけない

    一休さんのとんち話はいろいろありますが、その中の一つにこんなのがあります。 あるとき、一休…
  7. 2017-10-25

    【必見!】費用をかけずに自己投資(啓発)をする方法

    自己投資には大きく2つの方法があります。 一つはお金をかけて行う方法で、もう一つはお金をかけな…
  8. 2018-6-6

    紀州のドンファン殺人事件/遺言書を書くべき人たち

    和歌山県田辺市の会社経営者/野崎幸助さん(77)が自宅で死亡していた件・・・が、今マスコミを賑わせて…
  9. 2021-3-31

    自宅用に購入した不動産を賃貸にまわす

    サラリーマンとして働く別々の2人がまったく同じ4000万円の家を購入したと仮定します。 &nb…
  10. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る