20.315%の税金を知っておく

なぜかお金が貯まらない・・・そんな人というのは、実は勉強不足というか知識不足というか要はお金に関して知らないことが多すぎるのかもしれません。

本来、その年齢であれば知っていて身につけていても不思議ではないようなことを知らない、身につけていない・・・といった状態なのかもしれないわけです。

「たまたまお金に関する知識があまりなかったけどお金がそこそこ貯まっていた」というラッキーな人は、勉強して知識をインプットして、それを知恵に変えて行動すればさらにお金を貯めることができると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たとえば、100万円を銀行預金したときの1年後の利息はどれくらいか?・・・というと、100万円 × 0.02% × = 200円 ほどです(銀行・預入種目によって差はあります)。

たった200円と見るか、それとも200円もと見るかは人によって異なるところですが、まあほとんどの人は前者でしょうね。

実際には、上記の金額から税金が引かれたうえでの手取り金額となりますから、もっと少なくなります。

利子課税は20%ですが、今はそれに加えて追加の税金(0.315%の復興税)が課税されますから、計20.315%分が差し引かれます。

200円 × 20.315% ≒ 41円 です。

つまり、200-41=159円が本当の手取り利息金額です。

ATMの時間外手数料やコンビニの機械で引き出し手数料を払ってしまうと、100万円の預金利息の数倍ものお金が一瞬で消えてしまうことを知っておくことは大切です。

知らないで・・・気をつけずに毎月バンバン支出しているとしたら、非常にもったいないお金の使い方(=浪費)だと思います。

貯まるお金も貯まらなくなります。

ほんの少し前は消費税が5%→8%に3%上がるだけでワイワイ騒がれたり、問題視されましたが、普段から3%の7倍近い20.315%の税金が利息から引かれたり、給与所得に課税されていることを意識しておくことは大切ですね。

意外なことにこうした課税がされていること、金額にして20.315%の税金を源泉徴収されていることを知らないサラリーマンは結構いらっしゃるようです。

サラリーマンは、毎月の給与から所得税や住民税や社会保険料などが自動的に差し引かれて徴収されています。

その税率などを自分で計算して、いったいどれくらいの金額が取られているのかを知っておけば、お金に関する思考回路にビビッ!と良い意味での衝撃が走るかもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-4

    1億円のイメージを具現化してみる

    多くのサラリーマンアは、今より給料がアップして年収が増えたらいいなあ・・・と思っています。 そ…
  2. 2017-11-28

    副業禁止→副業解禁ですが・・・・・・

    最近のニュースの一つに、複数の大手企業で「副業を解禁した」というのがあります。 IT関連企業を…
  3. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…
  4. 2020-6-6

    10万円の給付金/100万円の融資金

    「借りた」お金であれば、当然「返す」必要がありますから、将来の返済のことを頭の片隅に置いたうえで借り…
  5. 2018-2-27

    サスケ!お前を斬る!光あるところに影がある・・・

    昔の忍者マンガに「サスケ」というのがあります。 テレビでは冒頭で「光あるところに影がある・・・…
  6. 2019-5-7

    貯めて増やすことは面白い!

    ある生命保険株式会社の調査によると、4人に3人(77%)がお金の不安を感じている・・・とか。 …
  7. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  8. 2018-3-11

    【重要】税金を払ってから資産を買うか、資産を買ってから税金を払うか?

    昔、不動産投資を勉強し始めたころに「目からウロコが落ちた学び」がいくつもありました。 そのうち…
  9. 2017-5-1

    【FX】投機の3段階とは?【株式】

    銀行預金の利息があまりに低い時代ですから、ただ銀行に預けていてもお金がどんどん増えることはありません…
  10. 2018-1-14

    【重要】「投資」における目標の立て方

    年の初めにはいろいろ「今年の目標」を立てる人は多いのですが、肝心の「目的」を蔑ろにしたままで目標を立…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る