不動産投資における「空室率」というリスク

賃貸不動産を所有している人にとって、何よりも避けたいのが「空室」です。

空室は1円もお金を生まないからです。

1棟モノの賃貸不動産を所有している人であれば、自分なりの「許容できる空室率」を計算しているものですが、世間一般的には「空室率20%ライン」が事業の良し悪しを分ける判断基準の目安として用いられているような気がします。

仮に1棟20戸の所有不動産を持っているとき、空室率20%というのは単純に「1ヶ月当たり空室を許容できるのは4戸まで・・・」というよりも、次のように考えるほうがベターです。

年間貸出可能個数=20戸×12ヶ月=240戸・・・に対して空室率20%ということは、240戸×20%=48戸(年間)。

年間48戸の空室まで許容できる・・・と考え、それを具体的なパターンに当てはめると、概ねこうなります。

全20戸中

1. 4戸が12ヶ月間空室だった

2. 6戸が8ヶ月間空室だった

3. 8戸が6ヶ月間空室だった

4. 12戸が4ヶ月間空室だった

・・・・・・・・・・・・

「1」のケースのように、4戸が12ヶ月間(=1年間)空室のままで推移するなんてことはほとんど考えにくいですが、仮にもしそうだとしたら残りの12戸が継続してずっと埋まっているともなかなか思えにくいです。

すると、よほど管理体制に問題がある!・・・のかもしれません。

また、「4」のケースのように20戸中12戸が空室になるというのも考えにくいことで、なぜなら、そんなに空室だったものがわずか4ヶ月で早々に入居者がつくとは思えないからです。

つまり、空室率20%というのは、投資効果をシビアに見る/あえて少なめにリターンを計算・シミュレーションする」という意味では良いのですが、実際にはかなり高めの空室率のような気がします。

実際には、20戸もあれば空室率は10%~5%くらいで推移するのではないか?・・・と思います。

戸数が増えていけばいくほど、空室率は低めのシミュレーションで間に合うようになっていきます。

それだけリスクが低減していくわけです。

数の論理です。

空室リスクを恐れて安全性を重視するのは良いことですが、かと言ってリスクを恐れて何も行動しないのはうまくありません。

今の例で言えば「所有物件数が増えるほどに空室リスクは遠のいていく」と考えれば、リスクに立ち向かっていくこと(=所有物件の数を増やすこと)が対策法です。

恐怖や不安というのは、怖れてまともに注視しようとしないからいつまで経っても恐怖や不安のままですが、勇気を出してそこに向かっていくと「恐怖や不安だと思っていたもの」の正体が見えて、案外とそれらの感情が吹き飛んでしまうことがよくあります。

リスクから逃げるのではなく、立ち向かえ!・・・です。

空室率に意識を囚われて怖がるのではなく、むしろ入居率のほうに意識を向けてワクワクしていく姿勢が良いと思います。

空室率20%(年間)で計算するのは決して間違いではありませんが、実際には10%(年間)くらいで見ておくくらいでちょうど良いような気がします。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-2

    100%利率の貯金を何日継続できますか?(複利パワー)

    もしも、元日に1円の貯金をして、2日にはその倍の2円の貯金をして、3日にはその倍の4円の貯金をして・…
  2. 2018-1-1

    ダイヤモンドの原石は磨かれてキレイになります

    ダイヤモンドを原石レベルから皆がよく知っている「ダイヤモンド」にするためには「磨く」という行為が必要…
  3. 2018-1-2

    「18歳」←と→「81歳」

    2018年がどういう年になるかわかりませんが、21世紀になって早や18年・・・です。 何でも「…
  4. 2018-1-4

    1億円のイメージを具現化してみる

    多くのサラリーマンアは、今より給料がアップして年収が増えたらいいなあ・・・と思っています。 そ…
  5. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…
  6. 2018-3-9

    子どもの人生を左右する親の姿勢

    東大に合格した学生の多くは、子どもの頃に親から「もっと勉強しなさい!と言われたことがほとんどない」・…
  7. 2017-10-9

    【注意】貯金がないのに不動産投資を始めてはいけない

    家計における基本的なお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 つまり、「お金を増やす」…
  8. 2018-1-3

    【未来予測】2019年から2020年にかけて留意しておくべき事

    東京都の小池都知事がやたらカタカナ言葉を使いたがることを多くの人は知っています。 都民ファース…
  9. 2016-12-29

    為替で1ドル117円30銭~40戦という意味

    今年の1月は1ドル≒117円台でした。 12か月間でいろいろ動いて、結局この年末の為替相場は1…
  10. 2019-9-7

    本を買いすぎて貧乏になった人はいない!

    自己破産をしたり、貧困生活を送る羽目になってしまう主な原因は「過剰な消費活動」にあります。 も…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る