お金は使うためにある/使わないで死ぬのはもったいない

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

今日は「敬老の日」ですね。

老後不安を考える人も多いですが、人はいつ死ぬかわからないのであまり先々のことまで考えすぎても、意味がない・・・とも言えます。

データー上では2023年も世界一の長寿国は日本で、その平均寿命は男性82歳、女性88歳となっていますが、おそらく今後ますますその数字は後ろに伸びると予想できます。

人生100年時代と言われるように、まあ、100歳まで生きることは少なくとも前提にしておくと良いような気がします。

・・・・・・・・・・

生命保険文化センターの高齢者に対する調査によると、十分な老後資金が用意できていたと回答した日本人は35%だそうです。

さらに、老後の生活に満足していると胸を張って言える人の割合はたったの21%だそうです。

一方で、同じ調査をアメリカ人に対して行った結果、72%が十分な老後資金の備えができていたと回答し、さらに老後の生活に満足している人の割合は76%にものぼった・・・とか。

日本人の2倍~3倍の違いがあります。

なぜこんなにも大きな差が出てしまうのか?

その主な理由は、老後資金を含めた日々の資産形成の方法に違いがあるからかもしれません。

日本人は資産の半分以上を現金や預金で持っているのに対して、アメリカ人は資産の半分以上を投資で運用しています。

現金や預金は使った分が即なくなっていきます。

→ 元金が消えていく

一方、投資でお金を運用して、その増えた分だけを使うようにすればお金は使ってもまた増えてくれます。

→ 元金はそのままで消えない

この違いはとても大きな違いだと思います。

日本人は昔から貯蓄が大好きで、お金が入ったらなるべく使わずに貯蓄しようとする人がとても多いと言われています。

収入が増えても、資産が増えても、単純に貯蓄を増やすことが善しとされる文化です。

背景には日本国が国民に貯蓄を奨励してきたことが挙げられますが、それは国民の財産が銀行にあるほうが国家財政が厳しくなった時に課税や没収しやすいから・・・とも言われています(特に戦時中は)。

しかし、貯蓄や投資をしているだけでは最後までお金を使わずに人生を終える可能性が高まります。

その結果、せっかく蓄えたお金は単に「相続遺産」と名前を変えて次世代に引き継がれますが、そこで「税金」がガッポリと差し引かれていきます。

それだと貯蓄をしてきた意味がなくなってしまいます。

資産を増やしているだけで使わないのは、通帳や画面の数字が増えるだけでもったいないことです。

どうせ最後まで使わないのだったら、元からあっても無くても変わらなかった・・・という話になります。

何のために貯蓄してきたのかわからない人生になってしまいます。

世界で一番長生きな日本人、せっかく長生きできるなら、頑張って働いて、退職した後はある程度豊かな老後を謳歌したいものです。

お金を使うと味わえる楽しい経験はたくさんあります。

せっかく自分で稼いだお金ですから、自分が生きているうちそうした「経験」に費やし「人生は有意義で充実していた」言って死んでいけるほうがベターだと思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-3

    相続でもめないように早めの手当てを・・・

    不動産を所有している人が亡くなり、残った不動産を巡って骨肉の相続権争いが起こり、その結果誰の名義にも…
  2. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  3. 2018-10-12

    「稼ぐ」→「増やす(投資)」→「増やす(再投資)」

    多くの人が「当たり前」だと思っていることとズレた道を選択するには勇気が要ります。 常識とされて…
  4. 2022-7-17

    将来に「安心」を求めるなら・・・

    お釈迦様の言葉です。 「善いことをしたなら、安心していなさい。 その善いことがずっと昔にした…
  5. 2023-2-20

    有り難い人生

    困難が無い人生は「無難な人生」 困難が有る人生は「有り難い人生」 有り難い=ありがたい・…
  6. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…
  7. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  8. 2018-1-3

    【未来予測】2019年から2020年にかけて留意しておくべき事

    東京都の小池都知事がやたらカタカナ言葉を使いたがることを多くの人は知っています。 都民ファース…
  9. 2021-12-30

    【重要】休むも相場

    20世紀前半のアメリカ・ウオール街で「グレート・ベア」の異名をとった投資家ジェシー・リバモアはあると…
  10. 2018-8-7

    「働く」のは自分ではなくお金を!

    海外旅行に行くといつも思うのは、たとえ自分が飛行機に乗って雲の上だろうが、客船に乗って海の上だろうが…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る