資産防衛(守る)から「攻め(増やす)」への転換を!

現金でお金を持っていればお金は減らないだろう・・・という考えのもとで、現金を大量に家の中で保管している人もいるかと思います。

 

また、たとえ雀の涙とは言え銀行預金に入れておけばお金は多少は増えるはず・・・と考えている人は多いと思います。

 

たしかにそれらにも一理あります。

 

ただし、それが成り立つ前提としては「世の中の経済がインフレでない」ということがあります。

 

もし仮に世間の経済がインフレーション状態になれば、上記のような発想はナンセンスとなる話です。

 

そしてもう一つ言えるのは、たしかにここ20年くらいの過去のスパンで見れば「日本はインフレというよりもデフレの世の中」でしたが、その傾向はそろそろ転換しそうな気配がある・・・ということです。

 

世界各国ではすでにその兆候が見え始めている・・・と盛んに言われています。

 

日本国もそうなりそうだ・・・という芽を感じ取っている人が増えてきたように思えます。

 

世間が明確にインフレになったなら、現金を現金のまま保管しておいたり、銀行預金に入れておくことはかえって「自分の現金の価値を貶める」ことになるので要注意です。

 

・・・・・・・・・・

変動するのは物価だけではなく、世界全体で見れば為替も変動します。

 

円安と円高では「日本円の価値」も相対的に変わってきます。

 

世の中の経済は物価と為替の影響が大きく関係していますから、単純にこれまでと同じように「現金・銀行預金で保管」という方策は愚策にさえなりえる・・・と頭の中に入れておくことが大事です。

 

4月からお店では総額表示に切り替えられて必ず「税込み価格」で表記することが義務付けられています。

 

パッ!と見て当初は今までより高くなったような錯覚に陥っていた人も、今では何となく慣れが生じてその錯覚が薄れているかもしれません。

 

多くの人は自分のお金・資産を「守る」ことばかりに意識を向けがちですが、これからは一歩進んで「攻める=増やす」という意識を持つことが大切になると思います。

 

稼ぐ→貯める→増やす・・・の発想がより重要になっていくと先読みし、それに向けた行動を起こすことが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-6

    去年よりは今年、今年よりは来年!毎年収入を増やす発想

    人は、お金の絶対額が同じでも上がってその金額になるのは嬉しく、下がってその金額になるのは悔しく感じる…
  2. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  3. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…
  4. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  5. 2021-3-19

    「何を」節約するか?が大事

    節約をするなら、たとえば「少しでも多くの金を貯める/残す」といった目的意識を持ち、自分で自分に言い聞…
  6. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  7. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  8. 2017-11-3

    毎月の生活費に困らない人の2つの共通点

    人が生きていくうえでお金は必要不可欠なものですが、そうした「生活するお金に困らない人」にはある特徴が…
  9. 2019-1-29

    光あるところに「別の光」もある

    西暦1850年前後のアメリカ・カリフォルニアで広範囲にわたって金脈が発見されたため、一獲千金を狙って…
  10. 2018-2-27

    サスケ!お前を斬る!光あるところに影がある・・・

    昔の忍者マンガに「サスケ」というのがあります。 テレビでは冒頭で「光あるところに影がある・・・…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る