最初だけ頑張る

世の中には「慣性の法則」と呼ばれるものがあります。

「慣性の法則」で重要なのは、最初の段階が一番負荷がかかるけどその後は最初ほどの負荷はかからない・・・ということです。

いったん動き出すとどんどんその後はどんどんラクになるというところが魅力的な点です。

 

・・・・・・・・・

不動産投資で経済的自由を得ようとした場合にも慣性の法則が働きます。

 

不動産投資に踏み切る最初の一歩はとても大きな壁を貫く感じになるかもしれません。

ところが、一歩踏み出すと案外と何も問題のない普通の出来事に思えるものです。

 

中古ワンルームでも中古戸建でも、まずは一戸買って「経験を積んでみること」が大事です。

 

そして、そこから毎月決まった収入(家賃)が入ってくると、1年後には手残り家賃×12培の金額が貯蓄できることになり、それが数年経つと結構それなりの金額が手元に貯まることになります。

 

家賃収入が発生することでその後の生活が一気に楽になる!・・・とまではいかなくても、数年経つとそれに近い状態に近づけます。

 

これは「未経験の人」にはなかなか理解できないことかもしれませんが、実態として正しいことであり、誰でも味わえることです。

 

アルバイトで稼ぐお金も不動産投資で家賃収入として得られるお金も、お金という意味では同じです。

 

アルバイトはせいぜい一つか二つしか掛け持ちできませんが、家賃収入を生む不動産の購入に限界はありません。

 

最初は大きな一歩で一戸ですが、年数を重ねるうちに2戸・・・3戸・・・4戸・・・5戸・・・と増えていくことで小さな一歩の積み重ねになっていきます。

 

一戸で得られる家賃収入が5万円とすれば、2戸で得られる収入は10万円です。

→ ちょっとしたアルバイトの金額をはるかに超えると思います。

 

一戸で得られる家賃収入が3万円だとすれば、そうした不動産を5戸所有すれば毎月15万円の収入があることになります。

 

こうやって、「最初だけ頑張る」ということを覚悟して行動すると良いと思います。

 

すると、物件が増えるごとにラクさが増していき、最後は何もしなくてもお金が増えるようになります。

 

そこで入ってくるお金を使いさえしなければ、いずれ次の物件は「勝手に貯まった家賃収入から購入した」という流れになり、自分の就労とは関係無く、収入と資産が増えていきます。

それがひいては数年後には完全に就労を辞める選択=経済的自由を手に入れることにつながりますね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2019-3-19

    なぜ、不動産投資をするのか?

    世の中では「理由」で動く人のほうが多いですが、私は「目的」で動くほうが大事だと思っています。 …
  2. 2018-4-15

    人生、想えば成るものです!

    私は2014年春までは、普通に会社員生活を送っていましたが、50歳の誕生日で会社を退職してリタイア生…
  3. 2016-12-26

    不動産投資・投機熱が上がっている?

    先日、街の不動産屋さんの前を通りかかったら、表のガラス窓に「あなたもサラリーマン大家さんになりません…
  4. 2017-1-18

    部下の欠点・短所を指摘するときのコツ

    上司が部下を自分のデスクに呼んだとします。 上司にそのつもりがなくても、上司の言うことは得てし…
  5. 2021-8-28

    貯蓄・投資・投機・賭博の違い

    アメリカでよく読まれているファイナンスの教科書などでは「貯蓄・投資・投機・賭博」についてそれぞれ言葉…
  6. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…
  7. 2018-10-17

    【必読】収入を2倍から10倍にする方法

    サラリーマンが今の自分の収入=給料を2倍にする・・・としたなら、どんなアイデアが考えられるか? …
  8. 2018-7-4

    自己管理能力を磨こう!

    エルバート・ハバードという人が自己管理能力についてこう言っています。 あなたが「やるべきこと」…
  9. 2018-2-1

    己を奮い立たせる言葉を持とう!

    サラリーマンの多くは、歳を重ねるにつれて会社内で地位が上がり、経済的にもゆとりができて、若い頃を振り…
  10. 2018-3-30

    【重要】お店商売の極意とは?

    お店商売では、お客さまに関して最低でも次の2つのことを考えて商売することが大事です。 その2つ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る