世代によってお金の貯める額・増やす額は違う

若いときはいろんな経験を積むことも大切なので、むやみやたらに貯金ばかりするのもちょっと考えものです。

確かに貯金をすることは大切なのですが、問題は「貯める」と「使う」のバランスだと思います。

そして、そのバランスに唯一無二の正解はなく、あくまでも本人の自由裁量で決めるべきです。

ただ、あえてヒントとして言うなら手取り収入の5~10%くらいをめどに「貯める」のが良いと思っています。

あるいは、収入の額にもよりますが1万円~10万円くらいをめどに貯金をすると良いと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これが、年齢を重ねていくと少しずつバランスが変動していきます。

20代と30代と40代と50代とでは、やはりお金の貯める金額は違って良いと思います。

貯金後の増やす額も違って良いと思います。

大事なのは、自分で「貯める」とか「増やす」といった明確な行動意識を持つことです。

そこには「何を目的としてそうするのか?」といった目的意識を併せ持つことも大事ですね。

20代では将来の老後の生活設計と言ってもまだピンとこないと思います。

デートもしたいし、車も買いたいし、旅行にも行きたいし、まだ20数年しか生きていないのに、40年以上も先の将来のために何かを考えるなんてことはちょっと酷だと思います。

でも、頭の隅っこに少しだけその意識をもっていると、どこかで何かが変わり、ふとした時にヒントに気づけます。

何も考えないのではなく「いずれは真剣に考えるぞ」・・・くらいでもいいので意識を持っておくことは大切です。

30代では結婚している人と独身の人とに分かれますし、結婚している人の中にも子どもがいる人とそうでない人、配偶者共に働いている人とそうでない人とに分かれます。

いろんなパターンがあるので、それぞれの人が自分なりのライフプランをもってマネープランを設計することが重要です。

唯一の正解はありませんね。

40代はますます家族構成が変動していると思います。

特に子どもがいる家庭では子どもの進学次第でマネープランは大きく変わりますから、やはり貯めるべきお金の金額と増やすべきお金の額は20代・30代のそれとは異なります。

50代はもうリタイアを視野に入れていかなければいけない年代だと思います。

ここからの10年~20年はもはや新しいことで機動力・駆動力を上げていくことは難しくなるので、これまでに構築してきた仕組みのメンテナンスや補正処理中心に行うのが良いと思います。

60代ではもう労働市場からおさらばする時期があと10年以内に来ることを理解して、その後のことを視野に入れたうえで、お金を貯めるかそれとも貯めないで使うほうに重点を置くのかのバランスを考える時期だと思います。

70代に入れば、お金を貯めるとしても自分のためにではなく子ども・孫のために貯めることを意識しているころだと思います。

「貯める」と「増やす」と「使う」のバランスを取り、自分の生き方に合わせていくことが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-18

    部下の欠点・短所を指摘するときのコツ

    上司が部下を自分のデスクに呼んだとします。 上司にそのつもりがなくても、上司の言うことは得てし…
  2. 2017-11-20

    成功者に教えを請う方法(相手を気持ち良くさせる言葉)

    ビジネスにおいて、他者と協調し、お互いに切磋琢磨して高めあっていく姿勢は大切です。 中でも、明…
  3. 2017-3-15

    お金・経済的自由も攻めと守りが大切です

    月給・年収に意識を向けると「攻撃」だけですが、資産に意識を向けると意識は「防御+攻撃」となります。 …
  4. 2018-6-18

    世の中の2割の人はあなたが何をしても否定する

    「20:60:20の法則」と呼ばれるものがあります。 全体を100としたら、そのうちの2割は優…
  5. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  6. 2021-10-11

    株の「売買」に酔いしれてはいけない

    株式売買を頻繁に繰り返してお金を儲けようとする人を「トレーダー」と呼んだりしますが、そうしたトレーダ…
  7. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  8. 2018-1-31

    トマス・J・スタンリーに学ぶ「お金持ちになるコツ」とは?

    『隣の億万長者』という本で有名な作家のトマス・J・スタンリーは、お金持ちになるコツとしてこんなことを…
  9. 2019-2-6

    【重要】マネーゲームはお好きですか?

    雇われて働くのがイヤだ・・・という人の中には自分でお金を稼ぐにあたって、特に柱となるビジネスを起業す…
  10. 2019-7-24

    すべての人が「投資」を学ぶべき理由とは?

    大学生が卒業して社会に出たとき、ほとんどの人の財布の中身はほぼ横並び状態で、大きな差はまだついていま…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る