投資・資産形成は継続することが大切

資産形成/運用をしてみよう!と思い立つ人はけっこういると思います。

 

でも、その次の「実際にやってみる」という第一歩を踏み出す人はおそらく少数だと思います。

 

さらに「継続して何年も行ない続けている」という人になると、その数はかなり少なくなると思います。

 

資産形成や運用で大切なことは、投資手法などにあるのではなく、いかに投資活動を継続していくか・・・という点にあるような気がします。

 

継続は力なり・・・で、長期にわたって運用を継続している人ほど、その運用成果は順調だと思われます。

 

多くの人が途中で止めてしまう/継続できない、というのは裏を返せば、そこで躓いているから/失敗して続ける意欲が失せてしまったから・・・です。

 

誰だって失敗することが楽しいわけではないし、やはり投資・資産形成をするならそれなりの結果が欲しいところです。

 

つまり、始めた当初よりも資金額全体が増えていないと面白くありません。

 

逆に減っていたなら、「つまらない/面白くない」という気持ちが先に立って、どこかの段階で止めてしまうのも無理はありません。

 

継続するためにも、「投資資金を減らさない/少しでもいいから実入りを増やす」ように努めることが大切です。

 

・・・・・・・・・・

また、資産運用を始めた後は、「当初投じた元金を取り崩さない」ことが重要なポイントとなります。

 

投資対象物(=株式や不動産など)をある段階で売却して現金化することも確かに一手ですが、そのときに留意すべき点は現金化したお金をそのまま投資用にプールしておくことです。

 

決して、手元に引き出して消費活動に費やしてはいけません。

 

唯一やむを得ないのは、突発的な病気やケガ、家族の介護などで急な出費が必要となった場合だけです。

 

それ以外は、資産形成を継続するために日常の生活費・ぜいたく品の購入などとは一線を画しておくことが大原則です(投資で得られる派生益をもとに生活を組み立ていてるパターンならその範囲内での出金はOKです)。

 

せっかくはじめた資産運用(投資)も、途中でやめてしまったり、一時的に値上がりしたからといって売却してしまったら、十分な資産を作ることはできません。

 

資産運用を継続していくことは、実は想像以上に我慢が必要かもしれません。

 

だからこそ、「資産運用は仕組みとルール化で解決する」ことを念頭に置いておくと良いと思います。

 

その「仕組み/ルール」は自分で決めるものです。

 

どんな仕組み/ルールを作ってどう起動させ運用していくかはすべて自己責任のもと、自分で決断・実行していくものです。

 

大事なのは、

1.感情に左右されないように仕組みで動かす

2.投資元金を引き出して無駄遣いしない

ということを忘れないことにあると思います。

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-8-28

    貯蓄・投資・投機・賭博の違い

    アメリカでよく読まれているファイナンスの教科書などでは「貯蓄・投資・投機・賭博」についてそれぞれ言葉…
  2. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  3. 2019-6-3

    不動産投資(賃貸事業)のしくみ

    中古マンションやアパートや一戸建てを賃貸に出すことで「家賃」を得て、それを自分の生活費として暮らして…
  4. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  5. 2017-3-4

    キチンと行えば不動産投資は怖くない

    不動産投資をしている人と不動産投資をしていない人では、私が知る限りでは不動産投資をしている人のほうが…
  6. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …
  7. 2017-5-18

    お金の仕組みを活用できる人/できない人

    現在、お金は単なる数字でしかない・・・とも言えます。 銀行預金の通帳はただ数字が印字され、一行…
  8. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  9. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  10. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る