お金の教養がないと、定年後の家計はたいへんなことになる?!

金銭的な老後の蓄えのない人や、そもそもお金を貯めることを軽視している人は、「そんな先のことを考えても仕方ない」とか「その時になったら考える」とか「何とかなる」・・・などと言います。

 

それもまた一つの発想としてはアリなのですが、そう言っていられるのはせいぜい20代もしくは30代前半くらいまでです。

 

人生100年時代になってきた昨今では、やはり「長生きしないリスク」よりも「長生きした場合のリスク」を考えることが大切で、30代後半ともなれば真剣に考える必要がありそうです。

 

サラリーマンは定年退職後の人生だけで約35年ほどあるわけですから、その間の生活費や医療費などを考えると、「何とかなる」というほどお金の準備というのは甘くないと思います。

 

貯蓄や資産のないまま老後に突入したら、自分の生活パターンが一気に変化することに大きく戸惑うでしょうし、慌て困惑することが目に見えています。

少額で心もとない年金をあてにするしか手はなく、好きなこともできず、ただただ命を長らえているだけの老後人生になってしまうのがオチです。

 

もし、それまで(現役時代)と同様の生活パターンを望むなら、結局は高齢になってもどこかで働き続ける選択肢しかなく、でも、その選択肢を見つけることはかなり困難になるので日々の心の余裕が削られていくと思います。

 

歳をとって生きていくうえで大切になるのは、

1.健康

2.経済的余裕

3.人間関係

が主です。

 

この3つに集約されると言っても過言ではないと思います。

 

面白いのは「お金がすべてではない」けども、「お金があれば上記3つのことはほぼ解決できるであろう・・・」ということです。

「お金」が解決すれば他の2つの問題も解決する可能性が高いというわけです。

 

定年後、「働かなくなった途端一気に収入がゼロになった」・・・というのは、かなり怖いことだと思います。

 

それを恐れて、虎の子である退職金を慣れない投資に注ぎ込み、挙句の果ては投資のつもりがタダの「投機」になってその結果数年以内に老後破産に陥った・・・では目も当てられません。

 

老後破産を起こしてしまう人の中には「投機で失敗した」というパターンの人も多くいると言われます。

 

それは、きちんと投資の勉強もせず、お金の正しい知識も情報も持たず、仲間もいなければ人脈もない状態の中で投資・投機に手を出したからに他なりません。

 

お金の不安からかえって冷静な判断力を失い、それまでだったら決してひっかからなかったであろう美味しそうな儲け話に飛びつく・・・という行為が背景にあるのだと思います。

 

そうした不幸な未来を回避するためにも、現役時代のうちにお金の教養を身につけることを意識して、実際に何らかの行動を起こして取り組むことが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…
  2. 2021-8-28

    貯蓄・投資・投機・賭博の違い

    アメリカでよく読まれているファイナンスの教科書などでは「貯蓄・投資・投機・賭博」についてそれぞれ言葉…
  3. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…
  4. 2016-12-31

    【大晦日】欲とは山だけを求めるようなものです

    人生山あり谷あり・・・ですし、人の感情も起伏がありますから、感情も山あり谷あり・・・と言えます。 …
  5. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  6. 2017-10-15

    あなたの収入は何のため?

    私は「不労所得」という言葉を普段使わないのですが、世間一般では「働かないで得られるお金のことを不労所…
  7. 2018-4-24

    「自負心」という大切な気持ち

    よく「私は○○だったらできる自負があります」とか、「これまで長年やってきた自負があります」などと言っ…
  8. 2018-6-15

    努力という土台の上に「運」が舞い降りてくる

    秋元康さんが以前こんなことを言っていました。 僕は38年間、スターと呼ばれる人たちを見てきまし…
  9. 2017-6-18

    砂糖を入れたハズなのにコーヒーが甘くない・・・とき

    私はコーヒーが好きで、毎朝コーヒーを飲まないと、その日の調子が悪くなってしまう・・・と自分で勝手に妄…
  10. 2018-1-3

    【未来予測】2019年から2020年にかけて留意しておくべき事

    東京都の小池都知事がやたらカタカナ言葉を使いたがることを多くの人は知っています。 都民ファース…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る