貧乏になって当然の人=収入以上にお金を使う人

お金が無いとか足りないと言うならば、極論を言うと、それは他でもない「自分が招いた結果・状況」です。

 

今現在に至る過程の中では少なからず他人が関与していることがあるとは思いますが、その随所での決断は自分自身が行なってきたものであり、したがって「その責・因は自分にある」と解釈するくらいの謙虚さが大切です。

また、収入が低いことがお金が無いことの原因ではなく、「収入以上の支出をするからお金が足りなくなる」と理解することも大事です。

 

これは当たり前のことなのですが、この当たり前のことを理解できないなら貧乏になってしまうのも仕方のないことかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・・
これまでお金の勉強をせず、本も読まず、家計簿もつけず、貯金もしないで、自分の口座(財布)にいくら残高があるかも知らずに、本能の赴くままにお金を使ってきた・・・という人がお金不足状態になるのも当然です。

 

浪費を繰り返して生きてきた人生はどこかで痛い目に合います。

 

自分の罪を認めず、非(罪)は他にあるとばかりに「給料が安い」とか「労働条件がブラックだ」とか「政府の経済政策が悪い」などと言っていたらナンセンスです。

 

全部自分のせいだと認識する一歩が大切です。

 

仮に今の会社の給料が低いと嘆くのなら、辞めて他の会社に行って高い給料で雇ってもらえば良いだけの話です。

 

でもそれはできない・・・なぜなら他の会社に行っても高い給料で雇ってもらえないから・・・

 

それなら、今の会社の給料に文句を言うのは止めたほうが良いと思います。

 

そうした状態にしているのは自分自身です。

 

そんな会社でしか働けない人生を送って来たのは自分です。

収入が低いのに身分不相応な贅沢をしていたら経済的に破綻するのは目に見えてわかることだと、知っている人は知っています(そうした知っている人にならないといけないですね)。

 

それなのに贅沢しているということにさえ気付かないとしたら、それもまたナンセンスです。

 

貧乏になって当然・・・貧乏になるべくして貧乏になった・・・と言えます。

 

そうした人がお金を稼げるはずがありません。

 

貧乏人は「収入以上に贅沢するから貧乏」です。

 

そういう人に限って「自分は贅沢なんてしてない」と言いがちですが、収入以上の支出をしている時点でもう贅沢以外の何物でもありません。

 

年収1000万円のサラリーマンでも貯蓄がゼロ・・・という家庭はいくらでもあります。

年収500万円以下だけど、家計をやりくりして貯金は1000万円以上ある・・・という家庭もいくらでもあると思います。

 

自分の家計は自分が責任をもって関知し、やりくりすることが大切です。

 

収入以上に支出をしない・・・たったこれだけの原則を守るだけで、貧乏にならずに済むと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-22

    【重要】子どもがアパートを借りて一人暮らしをするときに私が行なった事

    今から5年前の話ですが、うちの息子は東京都内の国立大学に進学して、自宅から十分に通学可能であるにもか…
  2. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…
  3. 2015-8-17

    サラリーマン必読!「賃貸派」と「購入派」どっちがお得?

    若い頃でバリバリ働いているときは、借家住まいでも良いと思うのですが、サラリーマンが定年となりいわゆる…
  4. 2017-11-6

    【重要】罰する必要のない人を罰しない!

    自分の人生がうまくいってる・・・と思う人は、心が穏やかになって他人に接する態度も柔らかなものです。 …
  5. 2017-11-16

    事業が不振だった時の事業報告書は要チェック!

    上場企業では、事業年度ごとに必ず決算短信を提出して広く投資家の人の目に触れるようにすることが義務付け…
  6. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…
  7. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…
  8. 2017-3-15

    お金・経済的自由も攻めと守りが大切です

    月給・年収に意識を向けると「攻撃」だけですが、資産に意識を向けると意識は「防御+攻撃」となります。 …
  9. 2020-3-21

    連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

    このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんの…
  10. 2017-6-12

    ブランド品を身に付けたがらないお金持ちの人たち

    サラリーマンは高級品を身に付けることを意識しがちですが、ビジネスマンは逆に高級品を身に付けないことを…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る