価値を創造することができれば・・・

アメリカ・大リーグで活躍する大谷翔平選手の来季の年俸が3000万ドル(日本円にして約43億4000万円)というニュースが過日報道されましたが、何とも素晴らしくすごい話だと思います。

 

大谷選手のメジャー一年目/2018年の年俸は54万50000ドル(当時のレートで約6000万円)ですから、6年で約55倍になっています。

 

日給換算すると約1200万円ですから、一般人にはもう想像もつかない次元で、普通には到底使えない金額です。

 

今日は25日で給料日だというサラリーマンも多いと思いますが、いやはや何とも比べようもない話ですね。

 

・・・・・・・・・

最近ではいろんなスポーツ選手の年棒が上がってきましたが、かつて「プロ野球選手の年俸以外はたいしたことがない」という時代がありました。

 

サラリーマンでも年収1000万円超の人はごくわずかで、ほとんどの人は年収1000万円というのは夢のまた夢のレベルでした。

 

そう考えると、今の時代はいろんな職種・業界において自分次第でお金を稼げる良い時代になったと思います。

 

まあ、そうは言っても、やはり確率・統計で言うならサラリーマンで年収1000万円超になるのはまだ限られた人たちだけで、ましてや年収2000万円以上ともなると至難の技だと思います。

 

個人自営業でも同様ですが、雇われ人であるサラリーマンよりは個人自営業者や雇い人側である起業家のほうが年収の上限を高くできる可能性は高いと言えます。

 

年収だけが大事ではありませんし、人生がお金で決まるわけでもありませんが、でも、やはり、ある程度のお金(年収)がないと人生は豊かになりません。

 

サラリーマンやアルバイトで年収1000万円も稼ぐとしたら結構優秀だと思います。

 

個人事業主や起業家で年収2000万円超となれば、そうした人もまた優秀だと思います。

 

一般的に言えば、前者(サラリーマン)は「作業」をお金に変える人で、後者(個人事業主や起業家)は「価値」をお金に変えている人・・・です。

 

多くの人はこの違いに気づくことはありません。

 

そのため、「独立起業したんだ」と言いながら作業に勤しみ、時間に追われる生活を余儀なくされて、その結果、年収も伸びず、時間を切り売りするスタイルを継続していることに気づかないでいる元サラリーマンの人も多くいます。

 

これでは才能や能力に関係なく収入の伸びが限られてしまうのは仕方ないと言えます。

 

時間に縛られ続けることなく収入を青天井で上げていくには、作業労力ではなく「価値を創造し対価に変える」という意識を持つことが大事だと思います。

 

この価値が自分の未来を大きく変えてくれます。

 

大谷選手はそれができているからこそ、冒頭のような破格のレベルに年俸が上がっているんだと思います。

 

同等の収入を目指す必要も意義もありませんが、自分の夢や目標に合わせた程度のレベルで意識を向けることが大切です。

 

「価値を創造する」ことが適切にできれば、自分の年収上げると同時に自分の時間も増やすことができ、つまり自由になることができると思います。

 

経済的自由・行動的自由・精神的自由を勝ち取り、自分の幸せと家族の幸せを同時並行で追及していけるような生き方を目指したいものですね。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-29

    【推移公開】最初に収益不動産を購入してから7年経ちました

    不動産投資を最近始められた人はこれからがたいへん楽しみだと思いますが、一応「投資」である以上リスクも…
  2. 2021-8-28

    貯蓄・投資・投機・賭博の違い

    アメリカでよく読まれているファイナンスの教科書などでは「貯蓄・投資・投機・賭博」についてそれぞれ言葉…
  3. 2018-7-8

    「お金」は本当に存在しているのか?

    ちょっと極端な例ですが、国民全員がある日急に自分がお金を預けている銀行に行ってその預金額のすべてを引…
  4. 2022-5-9

    「継続した」収入源がますます必要になります

    いきていく・・・というのは「命を継続していく」ことでもあります。 この「継続」という概念は非常…
  5. 2018-1-4

    1億円のイメージを具現化してみる

    多くのサラリーマンアは、今より給料がアップして年収が増えたらいいなあ・・・と思っています。 そ…
  6. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  7. 2018-2-1

    私が定期的に歯医者に通っている理由

    一昨年くらいから、私は定期的に歯医者に通っています。別に虫歯があるわけでも何でもなく、いたって正常で…
  8. 2020-6-11

    安易に「副業」を始めて二重に苦労をしてはいけない・・・

    ちょっと前まで新型コロナで世間は不安と恐怖でいっぱいだったと思いますが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」・…
  9. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …
  10. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る