投資と聞くと「難しそう」と思うかもしれませんが・・・

「人生100年時代」と言われ、そのため将来不足しがちな老後資金をまかなおうと現役バリバリのうちから何らかの資産形成の手を講じようという人が増え、講じておくことの大切さがより注目されています。

 

そうした資産形成に必ず出てくるのが「投資」です。

 

貯金(=お金をただ貯めるだけ)だけでは資産形成が難しくなったことを人はすでに気づいています。

 

そこで「投資」をいう二文字が必ず出てくるわけですが、多くの人が勘違いしているのはそこで意識が向かうのは投資ではなく「投機」に傾いていることです。

 

投資と投機は根幹の部分で大きな差があります。

 

日本人は「投資はキケンで怖い」というぼんやりとした感性を持っていますが、正確に言うと「投機はキケンで怖い」です。

 

投資は、投下した資本で得た対象物をそのままにして、その対象物から得られる果実を求める行為です。

 

対して、投機は投下した資本を回収するために対象物を転売買してその差益を求める行為です。

 

株式で言えば、株を買って毎年配当金や株主優待を得るのが投資であり、買った株を売ってその差額利益を得ようとするのが投機です。

 

不動産で言えば、物件を購入してそこから家賃収入を得るのが投資であり、その物件を転売して差額の儲けを得ようとするのが投機です。

 

投機で失敗するのは、自分の意に反してその差益が得られないときに置きます。

 

つまり、買ったはよいけど値上がりしないので売るに売れない(俗に言う塩漬け)・・・といったパターンです。

 

投機ではなく投資を学んで実践することが大事です。

 

よく「額に汗して働くことが美徳であって不労所得などけしからん」・・・と言われたりしますが、それは先人の一つの考え方であって、今の時代では他人に強制するものでもなければ世間を生き抜くための法律やマナーでもありません。

 

欧米の富裕層をみるまでもなく、資産形成に投資は極めて重要です。

 

投資ではなく投機の概念が投資とごちゃ混ぜになって広まったことから日本では投資教育が進まず、したがってお金の教養を身に付ける人も少なかったように思います。

 

でもこれからはそうした風潮を改め、適切な教育を施し、多くの人が投資に向き合うようになる時代が来ると思います。

 

預貯金の利息だけでは資産を増やすどころかインフレに対する備えにもならない可能性があります。

 

投資は他人任せにできませんから勉強が大切です。

 

金融リテラシーを高め、資産形成に力を入れることで自分の人生100年を全うする意識を持つと良いと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-16

    リーダーが社員に与えるべき正しい負荷とは?

    作用があれば反作用があるように、負荷をかけるとその負荷に反発してある種の「力」が起きます。 筋…
  2. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  3. 2022-10-13

    家族一人当たり月20万円の家賃収入で経済的自由を・・・

    毎月毎月、家賃収入が20万円入ってくるとしたらどんな気持ちになるでしょうか? …
  4. 2019-8-10

    親の遺産を当てにしないで生きる姿勢

    相続で「争続」になる人がいます。 意外なことに、そういった人は高額の遺産相続で揉めるのでは…
  5. 2019-12-27

    お金を稼ぐ力は長期目線に立って考えると良い

    日本のプロ職人、社員、アルバイトなどの報酬・給料を時給換算した場合、その職種等によって約100倍近く…
  6. 2019-11-23

    自分年金の取り掛かりは少しでも早く行動を!

    2019年7に厚生労働省が発表した平成30年版(2018年版)の「国民生活基礎調査の概況」によると、…
  7. 2019-3-27

    副業をするなら意識しておきたいキーワード3つ

    サラリーマンの中には、本業の仕事以外に「副業」として土・日などの休日に働こうとしている人も増えてきて…
  8. 2017-3-22

    【重要】子どもがアパートを借りて一人暮らしをするときに私が行なった事

    今から5年前の話ですが、うちの息子は東京都内の国立大学に進学して、自宅から十分に通学可能であるにもか…
  9. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  10. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る