割安な投資案件を狙い撃ちする・・・

2020-5-22

相場には昔から「裁定取引」と呼ばれる投資手法があり、これは市場価格の歪みをうまく利用した手法です。

では、裁定取引(アービトラージ)という取引の何が良いのか?というと、「買った瞬間にほぼ確実にお金が儲かることが約束されていること」・・・だと言えます。

たとえば、今はなくなりましたが、昔、私が証券会社に勤めていた頃は、「東京証券取引所に上場しているAという銘柄を買って、同時刻に大阪証券取引所でそのAという銘柄を売却する」ことが可能でした。

同じ銘柄であっても、取引されている証券取引所によって価格差が生じていることもよくあり、手数料を差し引いても差額が出る(=儲かる)ようなら難なく(ラクして)差益を得ることができたわけです。

・・・・・・・・・・・

『金持ち父さん貧乏父さん』で有名なロバート・キヨサキ氏もこんなことを言っています。

「良い投資とは、買ったときに利益が出ている投資だ」・・・と。

裁定取引に限らず、市場価格よりも明らかに割安で買えるなら、買った瞬間に転売して利益を捻出することが理論上は可能になります。

そういう投資はリスクが低く、魅力的な投資です。

ただし、買った時点ですでに「儲け」が約束されるような投資を行うには、「そこで出ている価格が市場価格(=世間相場)よりも割安である」ということを素早く見抜く力量が必要です。

日々刻々と価格が変動する株式相場ではなかなか難しいことですが、キチンとした取引所が存在していない「不動産市場」であれば、「この物件だとこれくらいが相場(今の時価)」だという認識を持ってさえいれば、あるときに市場に出てきた物件価格を見て「これは割安だ!」と判断することができます。

自分のお気に入りの物件をいくつか用意して、常にその物件のみをウオッチングして、割安物件が出てこないかをチェックするのもまあ、時間はちょっとかかりますが有効な手法だと思います。

 

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  2. 2020-3-21

    連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

    このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんの…
  3. 2019-8-19

    「お金持ちは悪いヤツ」という洗脳?

    日本人はどちらかというと「お金=汚いもの、お金持ち=悪人」・・・といったイメージを持つ人が多いとよく…
  4. 2018-5-28

    【必読】お金の教養は大切です

    人が親元を離れて経済的に自立しなければいけなくなったら、手元に入ってくるお金をどのように使うか、それ…
  5. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…
  6. 2018-2-14

    【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

    バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確に…
  7. 2017-5-20

    【必読】優秀な自動車セールスマンの極意とは?

    ある人(Aさん)から教えてもらった話ですが、昔、あるところに車の販売で非常に優秀な成績を収めている営…
  8. 2019-4-26

    不動産投資を始めてみよう!

    不動産投資というと、バブル期に盛んに行われていたような「物件の値上がり益を狙って転売による儲け」をイ…
  9. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  10. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る