複利100%で40日経つと・・・?

中東の寓話です。

国の危機を救った将軍に王様がご褒美を授けることになり、こう言いました。

「何でも好きなモノを望むがいい」

すると、将軍は少し考えてこう返事しました。

「それでは今から40日間、毎日小麦を頂戴したいと思います。今日は小麦を1粒、次の日は倍の2粒、その次の日は倍の4粒・・・と毎日連続して計40日間小麦をいただければそれでありがたきに存じます」・・・と。

王様は、小欲な願いだとカン違いしてすんなり了承しました。
そして早速その日の分 「小麦1粒」を渡し、翌日、小麦2粒を渡しました。

・・・不幸なことに、王様は前日の2倍の小麦の粒を将軍に渡すことが「日利100%の複利効果」を生むことに気づかなかったわけです。

そして「40日間」を甘く見てしまったわけです。「たった40日間しか」ではなく、「ナント40日間も!」だったわけです。

40日後にはとんでもない数字になることに王様は気づいていませんでした。

当初数粒だった小麦は20日後には524,288粒となり、30日後には536,870,912(=約5.4億)粒となり、40日後には549,755,813,888(=約5500億)粒となりました。

その総量たるや、国の富みをはるかに超えるものとなり、王様は将軍に国のすべてを差し出すことになった・・・という話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

算数の話ですから、別にトリックがあるわけではありません。それほど複利効果はスゴイ! ということです。

大事なポイントは、本質をとらえて長い目で未来を見据えているか、それとも何も深く考えないで目先のことしか見ていないか・・・という点です。

小麦を「日本円」に置き換えて、お小遣いを1円あげるところからスタートすれば、40日後には約5.4億円のお小遣いになっているのと同じです。

人生も、ビジネスも似たようなものだと思います。

問題は、その利率です。さすがに毎日前日比100%の割合で増えていくことはないと思いますが、それでも 「継続すると忘れた頃にとんでもない数字」に膨れあがっているものです。

私は、日々0.2%の成長を! ・・・といつも言っています。

それでも、360日後には今の2倍の自分がいることになります。

■参考:過去ブログ
『1日0.2%の成長でも・・・』
http://ameblo.jp/superameba/entry-11098341749.html

『0.2%の成長と0.1%の衰退』
http://ameblo.jp/superameba/entry-11580651569.html

複利と継続(繰り返し)にはものスゴイ力が宿っていますね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-9-10

    「努力」はなぜ大切なのか?→「◯◯」を得るためです

    よく言われることですが、旅客機が目的地へ向かって飛び立つとき、横にたった1度の差が出てズレて飛ぶと最…
  2. 2017-3-21

    【リーダー必読!】人事評価でリーダーが心がけること

    社員の仕事ぶりを評価するときには、いくつもの評価の仕方がありますが、例えばこんな切り口があります。 …
  3. 2017-3-26

    【経営者注目!】新規参入でビジネスを早く軌道に乗せる裏技とは?

    一般的に、既に市場が出来上がっている業界に新規で参入していくのは「レッドオーシャンに飛び込む」・・・…
  4. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  5. 2019-6-20

    定年退職時5000万円の持ち金の行方

    仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退…
  6. 2017-9-9

    【投資】ローリスク・ハイリターン商品が無いわけ

    投資でも投機でも、リターンを求める行為に「リスク」は付き物です。 人はリスクを嫌いますから、一…
  7. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  8. 2018-5-25

    帝京大学ラグビー部・岩出雅之監督に学ぶ「逆転の発想」

    大学ラグビー9連覇中の帝京大学ラグビー部があります(アメフト部ではなく)。そこまで強くなった背景にあ…
  9. 2017-6-18

    砂糖を入れたハズなのにコーヒーが甘くない・・・とき

    私はコーヒーが好きで、毎朝コーヒーを飲まないと、その日の調子が悪くなってしまう・・・と自分で勝手に妄…
  10. 2018-5-16

    部下の機嫌が悪くなったのは上司のせい?!

    会社で、上司(リーダー)がある社員に向かってこう言ったとします。 「○○君、今日も朝から声が大…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る