必要とされる社員になろう!

サラリーマンが、自分は今の職場で必要とされていない・・・とヒシヒシと感じられるなら毎日の出勤はかなり辛いと思います。

本当は仕事がないのだけど。お情けでなけなしの仕事をさせてもらっている状態だとけっこう精神的にキツイです。

いわゆる「窓際族」と呼ばれる就業状態です。

必要とされる/されない、というのは、周囲の主観的評価です。

「必要」の下位概念が「不必要」で、さらに下位概念が「不要」です。

必要・・・いてもらわないと困る

不必要・・・いなくても困ることはない

不要・・・いてもらっては困るという評価基準でしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

周りから必要とされているサラリーマンは、逆にそのことを本当にありがたいと感謝する気持ちを忘れてはいけないと思います。

ビジネスマンは常に周りに感謝の念を持っています。

必要とされる場に身を置いていることほど幸せなことはなく、不要とされる場に身を置くことほど不幸なことはありません。

会社内における「人事評価」というのは、結局のところ「その社員の必要度合い」を表わすものです。

数字で表す場合もあれば、文字で表す場合もあります。

人事評価の低いサラリーマン・・・つまり必要度合いの低い人、場合によっては「不要社員」の烙印を押されている人は、精神的にキツイ試練を与えられています。

ある意味では、常人には考えられないほどの強い精神力を持っている人と言えるかもしれません。

でも、できることなら「社会」という環境の中で生ていくのなら、そうした戦いはしないに越したことはありません。

やはり「必要」とされる環境下で、己の持つ力量を存分に発揮して、周りからもそれを感謝してもらえるほうが「やりがい」を感じられます。

人は必要とされる場にいるからこそ周囲に何かを与えることができて、かつ周りからも何かを与えられてハッピーに生きていけます。

そうすることで自身が輝くことができます。

輝いて活き活きとして見える人というのは自分に自信がある人に多く、それは結局周囲から必要とされていることを無意識に自覚しているからだと思います。

今自分が身を置居てい職場の中で「必要とされる社員」になるにはどうすればいいか?

カンタンです。

会社が求める需要にひたすら応えるだけ・・・です。

会社を上司に置き換えて考えれば「上司が求める需要を適切に行うこと」・・・ただこれだけですね。

そのためには重要なことが一つあります。

それは「会社(上司)が求めている需要がどんなことなのかを的確に理解すること」です。

それがわからなければ、トンチンカンな方向に進んでしまいます。

サラリーマンが必要とされる社員になったとき、それはビジネスマン化する一歩を踏み出したことを意味すると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…
  2. 2017-3-22

    【重要】子どもがアパートを借りて一人暮らしをするときに私が行なった事

    今から5年前の話ですが、うちの息子は東京都内の国立大学に進学して、自宅から十分に通学可能であるにもか…
  3. 2019-6-25

    予備対応話法という販売テクニック

    営業では「対応話法」という概念を大切にすることが必要で、これができていないとなかなか売上を伸ばすこと…
  4. 2017-2-16

    見込み客・お客さまを集めるのではなくて・・・

    営業会議では、よく「客を集めるには・・・」といった言葉が飛び交います。 まあ、別にそれで間違っ…
  5. 2017-9-12

    人生をマージャンに例えると・・・

    将棋や囲碁というのは2人で対局して行いますが、両者ともにスタート時点では(ハンデを除けば)対等です。…
  6. 2016-12-7

    人事評価は達成率よりも「達成額」を重視するほうが大切

    会社内では、人によって目標が異なり、目指すゴールの難易度に差があります。 営業部で言えば、月間…
  7. 2018-7-27

    【自己診断付き】歳をとったら「フレイル」に要注意!

    元気な人も歳を取り、いつか元気でなくなっていきます。 残念ですが、人間である以上仕方のないこと…
  8. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  9. 2017-6-28

    「教わる」+「育つ」の発想

    学校の先生をはじめとしていわゆる「教育」に携わっている人の多くは「教育とは教え育てるものだ」という考…
  10. 2018-1-15

    残業が減って「副業」が認められる時代

    昨年大きな話題となったことの一つに「電通に端を発する長時間労働問題」や「政府公認による企業の副業禁止…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る