履歴書と職務経歴書の重要性

夏のボーナスをもらったら今の会社を辞めて転職しよう!・・・と思っているサラリーマンもいると思います。

転職活動の準備で必要なのが履歴書と職務経歴書です。

履歴書で大切なことは、空白期間が生じないようにしておくことです。
特に、会社都合(リストラ)退職後に長く空白の期間があるとうまくありません。

プータローで何もしていない時期があまりにも長いと、採用評価としてマイナス要因になりかねない・・・ということです。

リストラされるわ、次が見つからなくてずっとプータローしてるわ・・・ではなかなかキャリアアップの転職ができなくても仕方ありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

履歴書よりも重要なのは職務経歴書です。
一部の大手企業を除いて、転職時に学歴なんてほとんど重要ではありません。

大事なのは、この人が入社したらどんな成果をもたらしてくれるだろうか?

期待できる人物なのか?

その期待通りの成果を挙げるのに必要なスキルと実績を持っているかどうか?

・・・という問いかけにに客観的な「イエス」を採用側にもたらしてくれることで、それを担ってくれるのが職務経歴書です。

そうしたことの必然性や蓋然性を書面でアピールするわけです。

だから、職務経歴書に書くべきは単なる自分の職務の履歴を列ねるのではなくて、応募している会社にもし入社したらこんなこと、あんなことを実現できますよ!・・・と訴えかけるような内容を書くと良いと思います。

書くべきことを書いていなかったり、反対に余計なことを書いていたりするとちょっともったいないことになります。

そこで大切なのは「数字」と「客観性」です。

「商品開発部に所属し商品開発を担当」としか書いてなければ何も伝わりません。

「○○という商品を自分を含む3名で3か月間で開発し、その後1年間で2億円の売上となり、営業利益で1億円上の利益貢献を果たした・・・」などと書くほうがベターです。

もちろん、ウソはいけません・・・。

採用面接の場は、ある意味では自分を売り込む場です(だから営業力が必要となりますね )。

売り込む情報を盛り込んだ履歴書・職務経歴書を用意して、面接官が思わず質問をしたくなるようなことを発言したり、書いたりすることが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-4-9

    新入社員は「教わり上手」になろう!

    新入社員が入社して、早や一週間が経つ時期です。 新人さんたちはまだまだ仕事に不慣れなハズですが…
  2. 2017-10-18

    【重要】「収益還元法」による不動産投資の考え方

    不動産投資を行なう人は、当然のことながら自分が投じる資金を元にして「収入を得たい」と思っています。 …
  3. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…
  4. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  5. 2018-9-16

    【人生設計】サラリーマンとして働くうちに次の一手を考える

    今の会社は辞めたいけど辞めても行くところがないし・・・給料(収入)がなくなるのは怖いし・・・今の仕事…
  6. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  7. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  8. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  9. 2017-8-6

    投資(不動産投資)のススメ

    不動産投資で経済的自由を手に入れようと思うなら、まずはおおざっぱでも構わないのでとりあえずの目標を持…
  10. 2021-5-6

    トップを維持する大変さ/途中からしんどくなる

    以前、イチローが引退の記者会見で 「プロに入って最初の2年くらいは1軍に行ったり来たりでその頃…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る