セルフイメージをプラスに・・・

自分で自分のことをどう思っているか?・・・がセルフイメージです。

他人が自分のことを思っている・・・とおりに自分が自分のことを思っているわけではない、というところに、人間関係の面白さと難しさがあります。

自分では○○だと思っていても、他の人がみんなそう思っているわけではない・・・と認識しておくことは大切です。

また、他人のことを△△だと思っていても、当の本人はそんな風には思っていない、ということも認識しておく必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと置き換えてみて、成功する人や人気のある人などは自分自身のことをどう思っているのだろうか?と考えてみると面白いと思います。

また、自分では○○だと思っているけど、そう思っていることで実は自分の人生にマイナスになっているのではないか?・・・と深読みしてみることも大切です。

どんな考え方をしても、自分が抱くそのセルフイメージは知らないうちに潜在意識に深く刻み込まれていきますから、どうせならポジティブに自分自身をとらえて、プラスなことをムリヤリにでもこじつけて信じ込むことも重要です。

自分が自分に抱くセルフイメージは、仕事面でも人間関係においてもお金や恋愛や健康やスポーツなどでも、その人固有のものです。

誰に責められるわけでもありませんし、誰に非難されるわけでもありません。

そう考えれば、どうせなら自分の人生にプラスに働きかけるようなセルフイメージを持つほうが得策だと言えます。

もしも、自分の人生においてマイナスになってしまうようなセルフイメージを持っていたり、自分の行動を阻害するようなセルフイメージを持っているのなら、早い段階でそれを別のモノに変えてしまうと良いと思います。

× 自分は何をやってもダメな人間だ

→ ◎自分は何をやってもうまくいく人間だ

× 人生は辛いことが多い

→ ◎自分の人生には幸せなことが多くある

× 給料が増えない

→ ◎自分は年齢とともに給料が上がる人だ

などと何でも自分にとってプラスになるようにイメージして潜在意識に植え付けるほうが良いでしょうね。

こじつけることもまた一つの良好な人生を過ごすスキルの一つだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  2. 2017-10-1

    【必読】恐怖を軽減させる手法とは?

    人は恐怖を感じると、身が縮こまって動きが取れなくなります。 主な原因は脳が一時停止してしまい、…
  3. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  4. 2018-7-8

    「お金」は本当に存在しているのか?

    ちょっと極端な例ですが、国民全員がある日急に自分がお金を預けている銀行に行ってその預金額のすべてを引…
  5. 2017-11-17

    人生を変えたければ「○○○」が有効です

    今に満足していますか? もし満足できていなくて、自分でも何かを変えなければいけない・・・と思い…
  6. 2015-7-21

    マイナンバー制度で日本郵政に特需あり!

    日本全国の国民にマイナンバーが割り振られた通知が届くのは10月の予定です。 来年(2016年)…
  7. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …
  8. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  9. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  10. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る