大学生は一度は就職して「経験」を積もう!

大学を卒業した新社会人が会社に就職するとき、そこがどんな会社であれ、たいていの場合は次のようなことが既に揃っています。

1.勤務場所

2.商品

3.集客方法

4.給与体系

5.上司・先輩など仕事を教えてくれる人

就職した人はただ「自分の仕事に集中」するだけで済みます。

ところが、もし、大学を卒業して既存の会社に就職せず、自分で(もしくは自分の仲間たちと)独立して起業しようとしたら「何も無し=ゼロの状態からのスタート」なので、上記のすべてを自分で用意しなければいけなくなります。

しかも、おたおたとのんびりと用意しているヒマはありませんから、火急的すみやかに用意する必要があります。

それは、それまでに何の経験もない元・学生にとっては至難の技で、だから、たいていの場合は失敗します。

ほとんどの元・学生にとっては無理な仕業だと思います。

一般企業に就職した元・大学生も、まあ同じく何らかの失敗をしますが、ある程度の規模・環境が整っている会社組織なので、少しくらいの失敗はカバーするだけの力があります。

だから、大学卒業後には「一度社会経験を積む・・・」という意味でもどこかの会社に就職して、ビジネスの関するいろいろなノウハウやスキルを身に付けるほうがベターだと思います。

大事なのは、「何となく就職して給料をもらう」のではなく、「キチンと将来を見据えたうえで、自分の修行の場だと認識して働く」という意識を持つことです。

修行をしながらお金(給料)をもらえるなんて最高の環境/仕組みだ!・・・と考えると良いと思います。

そう考えて就職して働き出すと、嫌な上司や先輩や取引先も「勉強の糧」だと捉えることができますし、仕事で躓いても「良い経験」と認識することができます。

独立起業をすることは、いつだって、誰にだって、しようと思えばできることですが、少しでも失敗・頓挫するリスクを減らすには事前の準備が大事です。

自薦の準備には「自分の力量のアップ」も含まれます。

大学生は、いきなり起業をするのではなく、まずは自分の力量の少なさを知り、補い、高めていくためにも「一度は会社に就職して学びの場とする」ことを経験するほうが良いと思います。

また、同じことが現在サラリーマンの人であっても言えます。

サラリーマンで将来独立起業を考えている人は、今のうちに会社内でいろいろなことを学んでおくことが重要だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-3-23

    生涯賃金をいつ稼ぎ終えますか?

    サラリーマン人生を経済面だけで言い換えるなら「生涯賃金を稼いでいる間の人生」と言えます。 そし…
  2. 2017-5-20

    さて、私は誰でしょう?

    ここにある「私」がいます。 私はいつもあなたに付き添っています。 私はあなたにとって一番…
  3. 2017-5-27

    人前で話すときに緊張しない方法とは?

    私が社内研修等で人前で話をしていたとき、いつも話したいことをたくさん用意していました。 たとえ…
  4. 2017-7-4

    「石の上にも3年」と言いますが・・・

    東京オリンピックまで、暦上はあと3年です。 3年しかない!と思うより、3年もある!と思って準備…
  5. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…
  6. 2019-3-19

    なぜ、不動産投資をするのか?

    世の中では「理由」で動く人のほうが多いですが、私は「目的」で動くほうが大事だと思っています。 …
  7. 2017-5-14

    事実と意見の違いに注意を!

    本を出版するときは必ず「プロフィール」を記載します。 これがけっこう曲者(くせもの)です。 …
  8. 2018-1-2

    「18歳」←と→「81歳」

    2018年がどういう年になるかわかりませんが、21世紀になって早や18年・・・です。 何でも「…
  9. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  10. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る