もしもマーカーを引いて本を読むのなら・・・

「読書の秋」と言われて久しいですが、本の読み方にはいろいろあります。

私は速読という技術を持っていないので、本を読むときは最初のページから普通にゆっくり読んでいきます。

そして、マーカーは引きませんし折ったりもしませんから、基本的に私が読んだ後の本はキレイなままです。

本を汚さないようにマーカーは引きませんが、付箋を貼ることはよくします。

中には「マーカーを引く」ことが習慣になっている人もいると思います。

そういう人は黄色とか、ピンクとか、緑等のマーカー(蛍光)ペンで、自分の気になったところに線を引きます。

でもそうすると、次にもう一度その本を読もうとしたときにちょっとしんどいものがあります。

なぜなら、そのマーカーを引いたところにどうしても意識が向いてしまうからです。

マーカーペンで線を引くこと自体はいいのですが、その本をもう一度読み直すのには適さない!・・・ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなマーカーペンを引く人が同じ本を読むときはこうすれば良いと思います。

「2回目はその本を新たに買い直して読む」というやり方です。

こうすれば、当たり前ですが1回目にマーカーを引いたところを気にせずに読むことができます。

2回目に読むときもまたマーカーを引けば良いでしょうね。

そして、1回目と2回目で同じところにマーカーを引いたか、それとも違う箇所に引いたかをチェックすると面白いことに気づけます。

同じところに引いていたら、1回目からあまり成長していない、ということです。

2回目には全然違うところにマーカーを引いていたら、それなりの成長をしたことが証明されますし、2回読んだ甲斐があった!と言えます。

もしも、2回目にはマーカーを引くことが全くなかったとすれば、完全にその本に書かれていることをマスターした! と言えます。

難点は出費が嵩(かさ)むことですが、2回目は古本屋で買うなどちょっと工夫すれば多少出費を抑えられます。

・・・・・・・・・・・・・・・

どうしても同じ本を2冊買うのはイヤだな・・・という人にはこういう手があります。

1回目にマーカーを引くときに「色なしのマーカー(無色ペン)」で線を引きます。

最近は線を引いても目には見えず、ブラックライトを当てると光って見えるという便利なグッズもあります。

そうした文具を使えば、「同じ本」で何度でも前回引いたマーカーの箇所を気にせずに読めます(ただし、前回マーカーを引いた箇所の比較ができません)。

読書・・・ただ本を読むだけなのですが、ちょっとした工夫でその効果をアップさせることができると思います。

意表を突く本の読み方かもしれませんが、大事なのは何でも「仕組みをつくること」にあると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  2. 2018-11-6

    マーチンゲールの法則(勝つことよりも負けないことを考える)

    日本ではまだカジノは認められていませんが、もはや時間の問題でいずれカジノを合法的にやれる時代がきます…
  3. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  4. 2017-12-20

    仕事とプライベートの時間の違い

    仕事とプライベートの時間の過ごし方にはいくつもの違いがありますが、そのうちの一つがこうです。 …
  5. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  6. 2019-6-25

    予備対応話法という販売テクニック

    営業では「対応話法」という概念を大切にすることが必要で、これができていないとなかなか売上を伸ばすこと…
  7. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…
  8. 2020-6-6

    10万円の給付金/100万円の融資金

    「借りた」お金であれば、当然「返す」必要がありますから、将来の返済のことを頭の片隅に置いたうえで借り…
  9. 2017-1-25

    【注意!】「リボ払い」の怖いところ

    クレジットカードで買い物をするときは、「一括払い」が大原則です。 お金の教養のある人は、間違っ…
  10. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る