デキる人(≒成功者)のマネをしてハッピーな人生を送ろう!

社長(経営者)というのは、事業で損失を計上したらそれは「誰のせいにもできない」のが宿命です。

最終的にすべての責任は社長が負います。

それが、経営の大原則です。

だから、社長(経営者)は「リスクコントロール」について徹底的に考える必要があり、経営学についても見識を深めておくことが大切です。

社長に限らず、それなりのリーダー/ビジネスマンも同様の意識を持って日々自己研鑽していく姿勢が必要ですし、実際そのとおりのことをやっています(やっていないのはそれなりではないリーダーやビジネスマンになれないサラリーマンの人たちです)。

「損失が出たらそれは自分のせい」という感覚は、いわゆる「投資家」も持っています。

それが持てない人は投資家にはなれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「損失が出てもそれをずっと他者のせい」にして生きてきたサラリーマンは、人生においてもサラリーマン感覚で生きている恐れが大です。

まあ、普段はそれでも何とかなります。

ところが、定年退職を迎えた後にそのしわ寄せがジワジワとやってきます。

「自立心」がなく依存体質で生きてきたことが災いし、その「依存する先」を失った途端に路頭に迷うような状態、方向がわからない無コンパス状態になります。

自立心を育まないで人生を構築してきたツケがまわってくるわけです。

よくよく考えてみればそうした生き方を強いられてきた背景には、戦後の教育が大きく関係しているのかもしれません。

良くも悪くも一種の「洗脳」を受け、ある種の常識観を植え付けられて生きてきた結果・・・です。

話が少しズレましたが、ビジネスや投資というのは「行なう前からすでに勝負はついてる」とも言え、その分岐点は「自立心があるかないか」にかかっています。

自立心がある人は成功者のマネをしてすんなりと成功者への道を歩めるでしょうし、自立心が乏しい人は「まず自立心を養うこと」をしなければ成功者への道はかなり険しいと思います(←つまり、ムリということです)。

サラリーマンとして生きているうちのどこかのタイミングで「洗脳」を解き、「依存体質から自立体質」に変化することが大事だと思います。

それには、自立した思考の人が集まっている場所や環境に入り込んでそうした人たちに囲まれる環境を設けると良いと思います。

そうすれ人は嫌でも自立思考になれます。

つまり、そういう人たちのコミュニティの輪を見つけること、そして入れてもらうことが必要です。

それには「成功者のマネをして自分も成功者になろう」という意識をまずは持つことが大事になる・・・と思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-25

    【注意!】「リボ払い」の怖いところ

    クレジットカードで買い物をするときは、「一括払い」が大原則です。 お金の教養のある人は、間違っ…
  2. 2018-2-12

    反復なくして成果・結果なし!

    お酒を飲むと誰だって多少は酔います。 同じように、いい本やいいセミナーを受けると、「ああ良かっ…
  3. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  4. 2018-3-11

    【重要】税金を払ってから資産を買うか、資産を買ってから税金を払うか?

    昔、不動産投資を勉強し始めたころに「目からウロコが落ちた学び」がいくつもありました。 そのうち…
  5. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  6. 2017-3-9

    歳をとるほどに若者と話すときの留意点とは?

    同じ家に住む家族であっても、親と子どもの見ている視界は別々です。 子どもが小さい頃には、親は子…
  7. 2017-8-11

    節税目的の不動産投資はNGです

    税金にもいろんな種類があります。 身近に感じられるのは「消費税」ですが、社会人として働いている…
  8. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  9. 2018-10-10

    住宅ローンと団体信用生命保険と不動産投資の使い方

    「30代の子ども有りの夫婦」が住宅ローンを組んで自宅を購入する場合、一般的に多いパターンとしてはこう…
  10. 2018-11-11

    「安心できる借金」と「不安な借金」の違いとは?

    借金をすることで、人は長い時間を一気に駆け上って自分の欲求を満たすことが可能になります。 ただ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る