20代・30代は「いかだ下り」、40代・50代は「山登り」

「いかだ下り」というのは、思っている以上にスピードがあって、慣れてくれば要所要所でキチンとこなしていけるのですが、最初はいろいろミスをすることが多く、時には転覆する恐れもあります。

でも、余程のことがない限り、マニュアルや指導員の指示に従ってさえいれば、命の危険まで及ぶことはないと言われています。

一方、「山登り」にはスピード感はありません。

自分の足で一歩一歩着実に目標に向かって登っていきます。

ただし、一歩間違えれば転落して命を失う危険があります。

そうならないように慎重には慎重を重ねて命綱などのリスクヘッジを用意しながら登ることが大切です。

・・・・・・・・・・・・・・・

サラリーマンの20代・30代の時期というのは与えられた仕事に対してガムシャラにこなしていくことが大事だと思います。

激流を下る「いかだ下り」のように目の前に現れた難所に対応するのに必死ですから、自分の意思で「ちょっと待って!」とばかりに激流の途中で止まることはできません。

でも、そうした経験を積み重ねていくうちに、仕事のコツや勘所が徐々に分かってきます。

気づけば、いつの間にかスキルが身に付き、経験が積み重なって自分のキャリア形成につながっています。

そうこうしているうちに、やがて40代・50代になっていきます。

「いかだ下り」から「山登り」に移行する時期です。

山登りは、まず目標を明確にすること、目標を自分の中にキチンと落とし込むことが必要です。

そうしないと、自分がどこへ進もうとしてよいかわからなくなり、途中で遭難します。

また、目標が定まっても、どのルートで到達するのかを自分で決めることも必要です。

言ってみれば、20代の頃と違って会社組織内における自分の責任が重くなっていて、より「決断力が求められるような立場」になっているということです。

そこからは体調や天気を見ながら山を登っていくわけですが、進む速さは自分で決めることができますし、天候によってはあえて途中で休むことを選択することもできます。

言えるのは、当然に「山登り」に関する知識や能力がないと登れないし、自分一人ならまだしも仲間と一緒に登ることはできない・・・ということです。

チームで登ろうとするならリーダーシップ性も必要になります。

サラリーマンの20代・30代の仕事はまるで「いかだ下り」のように予測不能な中でさまざまな経験を通して力を身につけることが大切

→ 40代・50代にもなれば、自分の意思で「山登り」をするかのようにリーダーシップを発揮して他人を動員しながら目標達成を着実に加算していくことが大切

・・・・・・と言えます。

そんな発想で日々の仕事に取り組むと、またいつもとは違った景色が見えるようになるかもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-6-3

    不動産投資(賃貸事業)のしくみ

    中古マンションやアパートや一戸建てを賃貸に出すことで「家賃」を得て、それを自分の生活費として暮らして…
  2. 2018-6-4

    わかりやすい説明・報告をするときの留意点2つ

    「人にわかりやすく説明する能力」は、上司であれ、部下であれ、すべての企業人に求められます。 ま…
  3. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  4. 2019-1-25

    サラリーマンが同じ業界で独立起業するコツ

    よく言われることですが、サラリーマンが会社を辞めて独立起業するとき、それまで自分がまったく経験をして…
  5. 2018-3-9

    子どもの人生を左右する親の姿勢

    東大に合格した学生の多くは、子どもの頃に親から「もっと勉強しなさい!と言われたことがほとんどない」・…
  6. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…
  7. 2015-7-21

    マイナンバー制度で日本郵政に特需あり!

    日本全国の国民にマイナンバーが割り振られた通知が届くのは10月の予定です。 来年(2016年)…
  8. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  9. 2019-5-3

    説教をするお金持ちはニセモノ

    ある程度の人格者であるお金持ちは「自ら進んで他人に説教をする」なんてことは決してしません。 …
  10. 2017-3-4

    キチンと行えば不動産投資は怖くない

    不動産投資をしている人と不動産投資をしていない人では、私が知る限りでは不動産投資をしている人のほうが…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る