今、この時期に、優秀なビジネスマンたちは何をしているのか?

類は友を呼ぶ・・・とはよく言われる言葉ですが、そうした「似た者同士が集まる状態」から一歩抜け出して外の世界に足を踏み入れる意識を持つことは大事だと思います。

 

それには「単独での勉強」が必須になるのですが、そのとき、理想とする人たちはいつも(こんなとき)どんなことをしているのか?といったことに思いを馳せてみると良いと思います。

 

細かく言えばそうした人の「行動面に焦点を当てる」ことがコツです。

 

昨年来のコロナ禍の中でも優秀な人は優秀な人なりに何かをしているハズで、そこが優秀ではない人との差をますます広げる分かれ目になっているかもしれません(いえ、きっと分かれ目になっているハズです)。

 

サラリーマンから脱却してもっと高待遇で自由な人生を歩みたいと願うなら、「ビジネスマンになること」を意識することが大事です。

 

そして「今の時期、優秀なビジネスマンはいったい何をしているのだろうか?」という疑問を持つと良いと思います。

 

自分の身の回りにそうした人がいなければ、ネットなどを使っていろいろ探すのも手ですし、町中に出て人々の行動をチェックしてみるのも手だと思います。

 

気づけるかどうかわかりませんが「気づこう!」と意識することはとても大切です。

 

テレビ、SNS、知り合いからの伝聞などのさまざまな情報に振り回されながら、人は生きています。

 

その情報は玉石混交で、自分にとって良いモノもあればそうでないモノもあります。

 

情報に流され、情報を鵜吞みにして偏った方向に動いてしまうとどんどんと人生・ビジネスの道から外れていってしまっています。

 

押さえておくべきは「今この時期に優秀な人はどんなことをしているのか?」から始まり、「どんな世間の未来像を描いているのか?」を探ることです。

 

優秀な人ほど目先のことに囚われず、ずっと先の未来を見ているものです。

 

そして、たいていの場合はその未来像は当たりで実現していきます。

 

未来を知ることができれば「人生に勝つ」ことは当然で、仕事でもプライベートでも役に立ちます。

 

優秀な人/卓越したレベルで活躍する人というのは、特別な才能や幸運があるというよりは、こうしたコロナ禍のような「逆境の中での過ごし方」に違いがあるのだと思います。

 

優秀なビジネスマンたちは、今この段階でもおそらく何かに焦点を当てて自信をもって行動を続けているハズです。

 

一流の人/優秀な人たちがカーテンの向こう側やドアの向こう側でどんな行動をしているのか?

 

今年も残すところあと2か月半ですが、この2か月半の過ごし方で来年の幸先良いスタートダッシュが切れるかどうかが変わってくると思います。

 

コロナだから・・・時代が悪いから・・・政治が悪いから・・・などと外部環境のせいにしても人生が好転することはないと思います。

 

ここから2ヶ月半の過ごし方が向こう3年分くらいの人生の差を生み出すかもしれない、と自分に言い聞かせ、すぐにでも良き行動を開始することが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-9-6

    【重要】「持ち家志向」の前に持つべきものとは?

    これまでの日本人の人生設計の中には「持ち家志向」が根強くあったと思います。 社会人になった後、…
  2. 2018-11-6

    マーチンゲールの法則(勝つことよりも負けないことを考える)

    日本ではまだカジノは認められていませんが、もはや時間の問題でいずれカジノを合法的にやれる時代がきます…
  3. 2018-9-23

    【重要】あなたが得る収入の「本質」とは?

    よく言われることですが、人生で大成功をする人というのは自分のことだけではなく、他人も成功したり幸せに…
  4. 2017-9-1

    特定商取引法に定められた電話勧誘に関する法規制

    毎日、必ずと言っていいほど「迷惑な営業電話」がかかってきます。 自宅の電話にも携帯電話にも・・…
  5. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  6. 2019-9-7

    本を買いすぎて貧乏になった人はいない!

    自己破産をしたり、貧困生活を送る羽目になってしまう主な原因は「過剰な消費活動」にあります。 も…
  7. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  8. 2022-4-23

    やる気に火がつくセリフ/火を消すセリフ

    社員には「やる気のある」社員と「いる気のある」社員がいるように思えます。 「やる気がある」とい…
  9. 2018-4-15

    人生、想えば成るものです!

    私は2014年春までは、普通に会社員生活を送っていましたが、50歳の誕生日で会社を退職してリタイア生…
  10. 2017-9-10

    「努力」はなぜ大切なのか?→「◯◯」を得るためです

    よく言われることですが、旅客機が目的地へ向かって飛び立つとき、横にたった1度の差が出てズレて飛ぶと最…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る