正しい(=適切な)プロセスを経れば、正しい結果が出る

テニスを例にして言えば、「正しいフォームでラケットを振れる」ようになっただけで試合に勝てる・・・なんて思っている人はいないと思いますが、仮にいたとしても結局は試合に出ればすぐに敗けます。

 

「正しいフォームでラケットを振る」のは当たり前/大前提の話で、そのうえで「相手が打った打球を適切な場所で打ち返して、しかも相手のいない場所に打ち込む」ということができないと試合に勝つことはできません。

 

テニスに限らず、球技の試合というのはすべて「相手ありき」のことですから、自分だけでできることはできて当たり前/大前提としてとらえておくべきであって、そのうえで「相手との適切な対応」が必要不可欠だと思うほうがベターです。

営業の仕事で「基本トークを覚えたのに新規顧客を獲できません・・・」と言っている社員がいたら、それは当たり前/大前提の部分しかできていないからかもしれません。

 

基本トークを話せるのは当たり前/大前提のことに過ぎません。

 

営業も「相手(=見込み客)ありき」で、相手との会話の中で「適切に対応する事」が必要不可欠です。

・・・・・・・・・・・・・・・

自分一人で勝手に気づいて、必要な修正をサッサとできる人は「センスがある/天才」と呼ばれます。

 

会社組織では、なかなかそういう人は少なく、したがって上司(リーダー)が部下の弱い点や間違ったところを指摘して、修正してあげようとします。

 

しかし、ダメ社員はそれを認めることができす、自分で自己流を貫こうと意固地になります。

 

そういうパターンでうまくいった試しはほとんどありません。

 

天才でもない(センスがあるわけでもない)のに自己流だけをやり続けるのはナンセンスであり、直截的に言うとバカです。

自分は「センスがない」と認めたくないのかもしれませんが、大切なのは、まずそのことを素直に認めることです。

サッサと認めれば、後は「センスのある人の言うことを素直に実行」・・・というレールに乗ることができて、徐々に成長の兆しも見えてきます。

 

それができない人は結局成長することはできません。

 

できないどころか、後退する一方であり、しかも余計なことに逆ギレしたりして、もう最悪です。

 

成果が出る人は、結果に対して「正しい(=適切な)こと」をしており、成果が出ないなら、結果に対して「ズレている」・・・と悟ることが大切だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-12-21

    【注意】投資がキケンなのではなく◯◯◯がキケンです!

    世の中には「投資はキケンだから絶対にやらない!」という人もいます。 もちろん、それはその人の自…
  2. 2017-9-24

    人に教えるときに大切にすべき3つのセット内容とは?

    スポーツでも勉強でも仕事でも、指導者や先生や先輩などが教えるときは、「○○をしなさい」・・・といった…
  3. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  4. 2022-4-27

    福の神は善行者に試練を与えることで「福」を導いてくれる?!

    「福の神」という言葉があります。 日本では、福の神が付く人は「人知れず善いこと(善行)を繰り返…
  5. 2018-8-3

    トイレのハンドドライヤーとビジネスチャンス

    最近思うのは、どこのトイレに行っても紙タオルを置いているところは減ってきていて、むしろハンドドライヤ…
  6. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  7. 2021-8-11

    「働いてお金を得る」ことの意味

    どんなにつまらないと思えるような仕事であっても、それが「仕事」である以上は必ず誰かの役に立っているハ…
  8. 2021-6-11

    死ぬときに後悔をしないための決断

    人生は選択の連続ですが、ほとんどの場合、人は無意識化で選択・行動をしているために「自分が選択の連続で…
  9. 2017-2-16

    見込み客・お客さまを集めるのではなくて・・・

    営業会議では、よく「客を集めるには・・・」といった言葉が飛び交います。 まあ、別にそれで間違っ…
  10. 2017-1-16

    ビットコイン(Bitcoin)とサトシ・ナカモトとクレイグ・ライト

    仮想通貨と呼ばれるものの中で、今一番有名なのはビットコイン(Bitcoin)だと言われます。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る