経営リーダーの銀行との付き合い方

企業経営者であれば、どこかのタイミングで銀行とのつきあいをどうするかな・・・?と考えると思います。

銀行と付き合うというのは 「融資を受ける」ということであり、銀行と付き合わないということは「無借金経営をする」ということです。

どちらの考え方をするかは、その経営者の哲学次第です。

私は基本的には「企業経営者は銀行とお付き合いすべし」という考え方です。

なぜなら、企業の経営では事業を発展させていくことが必要であり、そのためには無借金よりも融資を受けることでより早くなり、早くなることで確実性が高まると思っているからです。

・・・・・・・・・・・・・・

銀行は、一般的によく言われるように「晴れているときに傘を貸したがり、雨が降っているときに傘を取り上げたがる」ものです。

そういう意味では、本当にヒドイ!と思います。

でも、いつも企業経営者の敵側か?というと、必ずしもそうではなく会社の味方になることもあると思います。

原則でいえば、銀行に信用される経営者・会社だったら味方になってくれるし、信用されない経営者・会社だったら敵に回る・・・というだけのことです。

それは、別に銀行に限らずどこでも何でも同様のことが言えるのですが、特に銀行はその傾向・線引きがあまりにもはっきりしすぎていて、手のひらを返すようにいきなり変わることもあるのが特徴だと思います。

まあ、それが世間には受け入れられにくい点であり、非道と呼ばれる仕打ちなのだと思います。

ポイントは「信用!」・・・これだけです。

そして、その信用を担保するのは「数字!」・・・これだけです。

言葉での美辞麗句は通用しません。

通用するのは過去の数字と、現在の数字です。

それによって未来を類推させる数字を作れるかどうかが、経営者の信用を勝ち取れるかどうかの分かれ目だと思います。

一つのテクニックとしては見せたくない数字をできるだけ見せないようにして、見せたい数字を積極的にアピールする・・・という手法がありますが、すぐに見抜かれてしまってかえって信用を失いかねない・・・という諸刃の剣的リスクもあるので要注意です。

他の手としては、普段から「これとこれの数字だけはこれ以上(あるいはこれ以下の数字にはしない!」という認識を公言するというのが有効だと思います。

もちろん有言実行の実績が必要です。

銀行に限らず、原則的には「敵を作らない、誰からも信用される存在になる」ということは重要なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-3

    相続でもめないように早めの手当てを・・・

    不動産を所有している人が亡くなり、残った不動産を巡って骨肉の相続権争いが起こり、その結果誰の名義にも…
  2. 2016-11-14

    女性の化粧に学ぶマネジメント術

    サラリーマンは理由で動きます。 ビジネスマンは目的で動きます。 ・・・・・・・・・・・・…
  3. 2018-1-2

    100%利率の貯金を何日継続できますか?(複利パワー)

    もしも、元日に1円の貯金をして、2日にはその倍の2円の貯金をして、3日にはその倍の4円の貯金をして・…
  4. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …
  5. 2018-9-26

    企業の成長期・発展期は借金経営のほうがベター

    一般的には、家計において借金はしないほうがベターです。 なぜなら、その借金は「消費」に充てられ…
  6. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  7. 2018-2-6

    ビットコイン(仮想通貨)がインフレ起爆剤になるか?

    580億円分の仮想通貨「NEM」がコインチェックから流出した問題についていろいろな説が囁かれているよ…
  8. 2017-10-6

    去年よりは今年、今年よりは来年!毎年収入を増やす発想

    人は、お金の絶対額が同じでも上がってその金額になるのは嬉しく、下がってその金額になるのは悔しく感じる…
  9. 2017-8-31

    【不動産】仲介業者が大事にすべき客は買い手?売り手?

    株の売買は証券会社を通さないとできませんが、証券会社からすれば株を買う人も株を売る人も手数料を支払っ…
  10. 2018-2-5

    一億総副業(複業)の時代が来るのか?

    昔から農業を営む人が農業以外の仕事にも就いて収入を得る・・・という「兼業農家」が存在しています。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る