本業で儲け金融工学的投資には手を出さないのが王道

カレーハウスCoCo壱番屋の創業者、宗次徳二氏にこんな言葉があります。

「経営者は、本業のこと以外に気を取られてはいけないんです。

経営者は、お客様や取引先、そして社員のことを常に考えなければなりません。

やはり、商売の基本というのはコツコツと地道に足を付けて一生懸命にお客様のために頑張ることだと思います。

そうすれば、急激な成長はしなくても、5年・10年のスパンで見ればずっと右肩上がりで続いていけます」

・・・と。

そのとおりだと思います。

かつてバブル期の頃、本業以外のことに気を取られ、特に「財テク」と呼ばれる金融工学に基づく投機・投資話に会社の貴重なお金を次ぎ込んで、挙句にはそれらが泡と消えて会社の業績に大打撃・・・さらには倒産の憂き目に遭った・・・というケースはよく聞かれた話です。

せっかく本業は絶好調だったのに、ヘンに金融取引の損のせいで経営破綻になり社員が路頭に迷う・・・という羽目に陥ってしまった会社は、バブル崩壊後のリーマンショックの頃にも散見されました。

たとえば、バレタインデーチョコの仕掛け人でもあった「メリーチョコレートカンパニー」もその一つと言われます。

当初は、無借金経営/経常利益率9年連続10%以上/自己資本比率70%・・・というすばらしい財務体質だったのに、リーマンショックの後の為替デリバティブで数千億円の損失を出し、残念なことに銀行の支援をどこからも受けられず、結果的にはロッテに買収されることになった・・・。

ここで学ぶべき点は2つあります。

1.本業に徹して、「金融工学的投資には手を出さない/出してもある一定範囲内で・・・」というルールを守るべきこと

2.たとえ無借金経営であっても、イザというときのために普段からあえて銀行から借金をして経営をすることの大切さ

そうすれば、経営が傾くことなく安定した経営を続けることができると思います。

財テク話は慎重に検討することが大事です。

営業外取引である金融商品の評価損により、本業の営業利益が吹っ飛んでしまうという間抜けなことにならないよう、経営者は気を引き締め、悪魔の誘いを断る勇気も必要です。

本業で儲けることに専念し、金融工学的投資は経常利益の○分の1未満・・・という独自のルールを設定することが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-6-11

    【注意】無用なアドバイスは価値観の押し付けになる

    人は他人に何かを教えてあげたり、アドバイスをすることに喜びを感じます。 アドバイスできるのは、…
  2. 2018-3-8

    【重要】貯金を「必要経費」と思い込む

    貯金ができない人には共通点があります。 それは、「給料が入ってもそこからすぐに貯金分を取り分け…
  3. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …
  4. 2018-11-30

    借金で怖れなくてはいけないのは「金額」ではない!

    投資とは「対象物はそのまま保有して、そこから得られるインカムゲイン(派生益)を求めること」だと私は考…
  5. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  6. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…
  7. 2019-8-13

    「○○には価値がある」と思っている人を見つけてその○○を売り込む

    経済的に自由に生きたければ、早く自立することが必要です。 そのためには「稼ぐ力」を身に付け…
  8. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…
  9. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  10. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る