無借金経営で本当に良いのか?

「何はなくてもお金さえあれば安心」・・・と言われますが、昨今のコロナショックでそんなふうに考える企業経営者はますます多くなったかもしれません。

今までの経済環境下であれば、毎月予定どおり業務が遂行され、見込んでいた収益があがり、社員に満額の給料を支払い、後の税金分を留保しながら順調に経営を成り立たせることができました。

でも、急に経済環境が変わりました。

お店を開けたくても開けれない・・・!

開けてもお客さまが急激に減った・・・!

社員の人件費などの固定費はかかるけど肝心の売上がない(減った)・・・!

そうなると、ピンチなのはお金です。

要は「お金がない/お金が無くなる早さが尋常ではない!」・・・ということです。

・・・・・・・・・・・

たとえば、ある会社の保有する現預金と借入額の比較で、こんな比較例があります(正味の借入金額はすべて2,000万円です)。

A;.現預金額 500万円 借入金額 2,500万円

B;.現預金額 1,500万円 借入金額 3,500万円

C;現預金額 2,500万円 借入金額 4,500万円

どれを選択されますか?

Aは現預金は少ないですが、借入額も少ないので借入利息は少なくて済みます。

逆にCは現預金は多いですが、借入額も多いので負担する借入利息も多くなります。

CからAへの移行は常に可能です。

なぜなら、自らの意思で返済すれば良いだけだからです。

ところが、何か有事の際に現金が必要となって借入額を増やそうとしても(=AからCへの移行)、貸し出す金融機関の同意がなければ不可能です。

ここがちょっと難しいところです。

経営の安定性、資金繰りに苦労しない確率は、AよりCです。

でも、その分普段の金利リスクが高くなります。

これは経営判断のしどころで、経営者の哲学・考え方、業態の内容等による面が大きいと思います。

間をとってBという選択肢もあります。

一方で、問題なのは「まったく借金がない」という経営のやり方です。

無借金経営は一見すると立派で素晴らしいことに見えます。

 

でも、「借金が0円=融資の道がまったく存在していない(拓かれていない)」という状態だと、イザ!というときに急に道を開拓することはますできません。

つまり、急にお金が必要になってもその段階でお金を借りることは難しい(できない)ということです。

これは昔からよく言われ続けてきていることで、経営者はよくよく頭に入れておかなければいけないことだと思います。

そうしたことを踏まえたうえで、果たして本当に「無借金経営で行くのか?」、それとも今すぐの融資は必要ないことはわかっているけど、あえて、「借金経営を戦略的に行なっておく」のか?・・・を判断することも大切だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-2-18

    お金の使い方の「癖」チェック

    そろそろ冬物の洋服がバーゲンセールを迎える時期です。 こんな時は以前から欲しかったものを買うチ…
  2. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  3. 2017-8-7

    金のなる木/金の卵を産むガチョウ

    世の中には、今の自分の収入を見て将来に不安を感じる人もいれば、あまり不安を感じないで生きている人もい…
  4. 2018-3-20

    事業等で再出発するときに誓うべき一つのこと

    物事が想定していたとおりいかずに行き詰まり、やがて再出発せざるを得なくなるときがあります。 事…
  5. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  6. 2019-5-31

    投資を自分の人生に組み入れよう!

    普通の企業では、いわゆる「投資活動」がごく当たり前に行なわれていて、これなくして企業の存続/成長発展…
  7. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  8. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  9. 2017-3-10

    熱心な営業マンと立派な営業マン

    世の中にはいろいろな経営者がいて、中には「名経営者」として世間に広く名前が知れている人や、亡くなった…
  10. 2019-12-17

    「条件付きの自信」を「条件なしの自信」に変える

    仕事で「ゲン担ぎ」をすることは構わないですが、「条件付きで自信を持つ」ことはあまりしないほうが良いと…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る