悪いニュースほど早く上に伝える

コンプライアンス(法令順守)の重要性が声高に言われるようになって久しいですが、それでも未だにいろんな組織内で悪事が暗躍し、それが何かのきっかけで白日の下に晒されニュース報道されることがあります。

 

いくら「不正をなくそう」と言っても、不正・不祥事はなかなかゼロにはならないものです。

 

それだけ人の心には悪魔性が宿っていて、良心を保てない人が大勢いるのだと思います。

 

・・・・・・・・・

社内の不正をなくすために「不正を見つけたらただじゃ済まさないぞ!」といった脅しで縛るやり方がありますが、そんな場合、自ら名乗り出る人なんていません。

 

「不正を見つける作業」を誰かが行なう必要があり、それはけっこう大変な仕事になります。

 

そんな後ろ向きの仕事をさせるよりも、社内全体に対して「正直に言えば今回に限り許します」といったように、自ら名乗り出ることを促したほうが得策になる場合もあると思います。

 

これまでは多少の不正もまかり通ってきたかもしれないけどこれからは違うよ・・・、だから、今回に限って不問に処すから正直に今のうちに白状しなさい~と言って、一種の棚卸的なことをするのもマネジメントでは有効です。

 

また、不正という所業まではいかなくても、事業運営をしていれば「バッドニュース」が必ず生じてくるものです。

 

大切なのはそうしたバッドニュースが日陰に隠れてトップ/リーダーに届かなくなることがないように仕組みを講じることです。

 

言い換えれば「バッドニュース(悪い報告)」ほど真っ先に上にあげるようにする社風を醸成することが大事だ、ということです。

 

日々の日報や各種レポートなどでも、「最初に書くべきことはバッドニュースとする」・・・といった文化が定着すると、最初はみんなとまどうかもしれませんが、組織運営は徐々に好転していくと思います。

 

昨日までは当たり前に行なわれていたことでも今日からは明確にダメなんだ・・・と周知され理解が深まる組織構造になっていくと思います。

 

また、中には自分たちでは不正をしているつもりがなくても、世間から見ればそれは不正と言えたり、法令違反だとみなされることもあるかもしれません。

 

綺麗ごとかもしれませんが、でも、だからこそ余計に「不正をするな」よりも「不正を隠すな」を徹底し、不祥事や不正を開示する意識を社員に定着させるマネジメントが大事だと

思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-5-27

    人前で話すときに緊張しない方法とは?

    私が社内研修等で人前で話をしていたとき、いつも話したいことをたくさん用意していました。 たとえ…
  2. 2018-4-15

    人生、想えば成るものです!

    私は2014年春までは、普通に会社員生活を送っていましたが、50歳の誕生日で会社を退職してリタイア生…
  3. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  4. 2018-3-8

    【重要】貯金を「必要経費」と思い込む

    貯金ができない人には共通点があります。 それは、「給料が入ってもそこからすぐに貯金分を取り分け…
  5. 2019-8-25

    不動産投資では「経営者」としての意識が必要→だから面白い!

    投資であれば、どんなことでもリスクが存在しています。 ここで言う「リスク」とは、本来は「不…
  6. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  7. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  8. 2017-12-31

    【重要】上品な人と下品な人の差とは?(身口意の三業)

    よく「品がある/ない」という言い方をしますが、上品と下品とを分ける差は、なかなか言葉で言い表わそうと…
  9. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  10. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る