裸の王様になってはいけない

仕事で失敗をしてしまうとき、失敗する前から実はそうなることが予想されていた・・・ということがあります。

 

失敗した当該社員の心の中にもそういう気持ち(=もしかすると失敗するかもしれない)があったり、他の社員の目で見てそのように思えていたりすることはけっこうあるものです。

 

つまり、失敗する前からその失敗の原因が何かについて何らかのイメージができていたわけです。

 

ときには、現場の社員たちはとっくに気づいていて知らないのは社長だけ・・・という間抜けな話がおきたりもします。

 

本来であれば下から上へ意見を具申して失敗を回避すればよかったのですが、一部のワンマン経営会社ではそれができません。

 

下から上へなんてもってのほか!というヘンな風潮が蔓延(はびこ)っている会社組織です。

 

上意下達(じょういかたつ)しか許されない・・・なんて風潮は今どき流行りません。

 

でも、中小企業などのワンマン経営会社にはわりとある話だと思います。

会社経営が順調なときはそうした「失敗する原因が内在していること」に気づいていない社長でもまだ何とかなります。

 

でも、イザ!何か物事が暗転した時にはいっきに綻びが表面化してきます。

 

「失敗は成功のもと」とも言われますが、逆に「成功は失敗の始まり」でもあります。

この点は要注意です。

過去に一度成功したからと言って安心して慢心してはいけないですね。

 

謙虚な姿勢で成功した原因を解明し、それが再現性のあることなのかを探り、社内に成功の種を植え付けていくくらいの心の余裕が欲しいところです。

得てしてワンマン社長というのは自分の周りにイエスマンを置きたがるもので、確かにそうすれば気持ちよく仕事ができるかもしれません。

 

でも、そんな状態では良い経営は長続きしません。

 

社長はすぐに「裸の王様」になります。

 

優れた経営者(社長)というのは、反対意見を言えるような人材を自分の周りに置き、常に自分を第三者的視点から見ようとしています。

 

その姿勢が大事です。

 

衰退していく会社組織には、どうして今まで放置されていたのか?と首をかしげたくなるような変な事が多く見受けられたりするものです。

 

その多くは経営者の過去の思い入れや古参役員の自己保身によるものだったりして、今の時代にそぐわないもの・・・の可能性大です。

 

勇気をもってそうしたことを捨て去る気概が必要です。

外部から見るとおかしいと思えることがいまだにまかり通っているとしたら、それはやはりおかしいことです。

 

忖度のオンパレードでは優秀な社員は育ちません。

 

育つのはイエスマンばかりです。

 

失敗して世の中から淘汰されていく会社というのは、「やる気のある社員の気持ちを阻害する」という悪点において共通していると思われます。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-1

    ダイヤモンドの原石は磨かれてキレイになります

    ダイヤモンドを原石レベルから皆がよく知っている「ダイヤモンド」にするためには「磨く」という行為が必要…
  2. 2017-3-27

    継続すればいつか到達できます

    たとえば、今高速道路を走っていて目的地は100km先にあるとします。 高速道路ですから、時速1…
  3. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  4. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…
  5. 2018-1-8

    お金持ちより「お金力・持ち」を目指そう!

    お金はないよりあったほうがいい・・・とよく言われます。 確かにそのとおりだと思います。 …
  6. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…
  7. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  8. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  9. 2017-11-17

    お金を「稼ぐ力」とお金を「増やす力」を身に付けよう!

    人は大なり小なり、お金に対しての不安を持っているものです。 特に結婚して子どもをもつ家庭の30…
  10. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る