リーダーとベテランはまったく別モノです

経営者の中には「社員に仕事の経験を積ませればその中からリーダーが育ってくる」・・・という思考をしている人がいます。

 

確かにそうした面はあるのですが、でも、おおいなる勘違いになることもあるので要注意です。

 

これで育つのはベテランであって、実はリーダーとは限りません。

 

大量の経験でそれが「慣れ」となって、従前より手際よく早く処理できるようになる・・・のはタダのベテラン社員であって決してリーダーではないという当たり前のことを知ることも大切です。

 

優秀な経営者はちゃんと理解していますが、ダメ経営者はここを失念していると思います。

 

・・・・・・・・

内閣の組閣では、往々にして「国会議員の当選回数で大臣を任命する」ということが暗黙の了解のうちに行なわれています。

 

そのため、そのポストにふさわしいとは到底言えそうにないとんでもない大臣が時々誕生します。

 

国政のトップ組閣でさえ、ベテランとリーダーの違いがわかっていない・・・と言えそうです(わかってはいるけどそれ以上に逆らえない圧力があるのかもしれませんが・・・)。

 

「慣れの延長でリーダーを創ってはならない」という鉄則をトップリーダー/経営者は忘れてはいけないと思います。

会社は社長次第で、拠点は拠点長次第で、お店は店長次第です。

 

「組織の99%は長で決まる」というのはどの組織においてもほぼ言えることです。

 

だからこそ、トップリーダーには「長の育て方」を知り、体系的に捉えて実践していくことが求められます。

 

「長の育て方」の一番は「素材」の発見にあります。

 

よく言われるように「磨けば皆光るが、ダイヤはダイヤ、ルビーはルビー、サファイヤはサファイヤであって、ルビーやサファイヤからダイヤは創れない」ものです。

 

経営者はベテラン社員を重宝するのは良いですが、リーダー育成とベテランの重宝とは切り離して考えることが大切だと思います。

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-22

    仕事を効率よく行うコツとは?

    あと1週間くらいでゴールデンウイークですね。 溜まっている仕事を片づけなければいけない・・・ゴ…
  2. 2019-5-22

    リタイアするときまでに、その後の「主となる収入源」を確保しておく

    政府は「生涯現役」を掲げ、現状の公的年金の支給開始年齢を65歳から70歳に引き上げようと画策している…
  3. 2017-8-18

    20代のうちに「お金の教養」を身に付けたほうが良いわけとは?

    20代と80代の大きな差は、気力・体力的にやり直しがきくかきかないか?の差です。 20代はまだ…
  4. 2017-11-17

    人生を変えたければ「○○○」が有効です

    今に満足していますか? もし満足できていなくて、自分でも何かを変えなければいけない・・・と思い…
  5. 2018-6-15

    努力という土台の上に「運」が舞い降りてくる

    秋元康さんが以前こんなことを言っていました。 僕は38年間、スターと呼ばれる人たちを見てきまし…
  6. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  7. 2017-10-2

    就労収入から権利収入へ

    収入には大きく分けて2通りあります。 1つは自分の身体を労働させてお金を得るという「就労収入」…
  8. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  9. 2016-12-14

    【必読!】不動産投資で気をつけるべき「3つのポイント」とは

    マンションを買って家賃収入を得よう!・・・と最近は、本当にいろいろなところで取り上げられるようになっ…
  10. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る