「時間配分/住む場所/付き合う人」が人生を変えてくれる

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

人生は「住む場所」、「付き合う人」、「時間配分」によって、そこから先の道が大きく変化していくと思います(時間配分とは、1日24時間という全員に平等なリソースをどこにどう配分しているかということです)。

1日24時間ですから、何かに大きく配分すれば別のことには配分することができません。

住む場所や付き合う人も限定的で、無限に増やすことはできません。

朱に交われば朱くなる・・・は正しいと思います。

仕事一筋という人の中には睡眠時間を削って毎日4時間程度しか寝ていない・・・と豪語する人もいますが、仕事一筋なので付き合う人も仕事関係の人で必然的に狭い世界に閉じ込められていきます。

自分は24時間をどこにどう配分してどう強弱をつけているのか・・・・どんな人と主に交わった生き方をしているのか?・・・そもそもどこに住んでいるのか?それらは自分が意図的に狙った結果でこうなっているのか?はたまた、外部環境からの圧力でたまたまそうなってしまったのか?

これらの違いもまた人生の方向を大きく変えるものです。

住む場所・付き合う人・時間配分が変わると人生が変わります。

時間配分も住む場所も、その影響が現実世界で形に現れるまでにはある程度の時間がかかりますが、お付き合いする人についてはあっという間に影響が形に現れます。

→ 今自分は人生のドン底でどうしたら良いのかわからない、何をやってもうまくいかない、という人は付き合う人を劇的に変えると良いと思います。

もっと厳しい見方をすれば、自分を今のように不幸な状態にさせたのは、今自分がお付き合いをしている人たちだ・・・と言えそうです。

だから、そうした人生を変えるには思い切ってそうした人たちとの縁をぶった斬ることも一つのコツかもしれません。

自分のことを誰も知らない土地に行く(住む)と、人間関係からの影響をリセットできます。

極端な例が海外(に住む)ことです。

自分がどう思おうと「付き合う人/交わる人が変わり」ます。

さすがに海外はムリ・・・と人が大半だと思いますが、いずれにしても引っ越しをして住環境から変えると交わる人も変わっていきます。

これまでの悪い流れを断ち切って、新しい人生を設計することが人生を変えるためには必要です。

新たに出会う人たちが自分のこれからの人生を変えてくれることは間違いないと思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-5-12

    我慢せず「移動すること」を選択する意思

    地震被害・台風被害・水害・風雪被害のニュースをテレビで見聞きすると、被害に遭わた人たちの苦労が忍ばれ…
  2. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  3. 2020-10-11

    【重要】不動産投資で「自宅の近くで物件探し」はNG?

    本業にほとんど負担をかけずに自分の収入を増やすことができるのが「投資」です。 そして、その代表…
  4. 2016-12-26

    不動産投資・投機熱が上がっている?

    先日、街の不動産屋さんの前を通りかかったら、表のガラス窓に「あなたもサラリーマン大家さんになりません…
  5. 2020-11-23

    【覚悟】「自分の身は自分で守るという哲学」から幸運は始まる

    私が不動産投資をスタートしたのは46歳・半ばくらいの頃で、特に師と仰ぐ人もいなければ、メンターと呼ぶ…
  6. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  7. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  8. 2018-3-4

    「自信がある人」の共通点とは?

    自分に自信を持つことは、平常心を保てることにつながりますし、いろんな局面でその自信が良い方向へ物事を…
  9. 2018-6-4

    わかりやすい説明・報告をするときの留意点2つ

    「人にわかりやすく説明する能力」は、上司であれ、部下であれ、すべての企業人に求められます。 ま…
  10. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る