築地移転問題に待った!をかけた小池都知事

プライベートの人生は「どんな出来事が自分に起きたか?」ではなく、常に「自分がどんな選択と決断をしてきたか!」・・・によってもたらされると考えるほうがベターだと思います。

前者は受動的な発想ですが、後者は能動的な発想です。

そして、これは組織のリーダーにおいてはベターというよりもマスト(必要)な姿勢だと思います。

過去の選択と決断のもと、今日現在という日があり、今日からの選択と決断のもとで未来が決定づけられていきます。

出来事自体は何ら意味はなく、その出来事に意味付けをするのはいつも「人」であり、結局自分自身です。

他人が意味付けしたことをそのまま鵜呑みにしてしまうという選択もアリですが、できればキチンと自分で納得したうえでの決断としておきたいものです。

そういう意味では東京都の小池知事が行っているリーダーとしての姿勢はアリだと思います。

いずれにしても、その決断をした自分に責任があるという「自己責任の原則」もとても重要なことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世の中で「偉人」とか「成功者」と呼ばれる人たちは、そもそもにおいては「凡人」ですが、生きる課程でさまざまな選択をして(←選択肢をたくさん持っていること自体がスゴイことです)、行動の優先順位をしっかり決断して偉業を成し遂げてきた人たちです。

それらの選択や決断は周囲とは異なることだったに違いありません。

逆に言えば、だからこそ彼ら・彼女らを最後は「偉人」「成功者」に押し上げることになったのだと思います。

まさに「人の行く裏に道あり、花の山」ですね。

・・・・・・・・・・

優先順位をつけるとき、偉大な人たちは偉大ではない人とそもそもの発想の原点が違っていたと思います。

それは、目の前のやるべきことを処理するために行なう(←偉大でない人のやり方)優先順位のつけ方ではなくて、その後に控えている理想の1~20年を見据えての優先順位だったのだろうと思います。

言うならば、目標を見据えての行動予定です。

その日暮らし、その時しのぎのための優先順位のつけ方ではない・・・ということです。

いずれにしても、自分がどんな選択と決断をしてきたかで今の自分がありますから、その選択肢を増やすことはとても重要なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  2. 2017-4-22

    仕事を効率よく行うコツとは?

    あと1週間くらいでゴールデンウイークですね。 溜まっている仕事を片づけなければいけない・・・ゴ…
  3. 2017-11-17

    お金を「稼ぐ力」とお金を「増やす力」を身に付けよう!

    人は大なり小なり、お金に対しての不安を持っているものです。 特に結婚して子どもをもつ家庭の30…
  4. 2017-6-11

    「新築アパート」の大家さんが収益をうまくあげられない理由

    不動産投資とは「家賃収入を得ること」と言い換えることができます。 日本国内には多くの「大家さん…
  5. 2018-2-12

    反復なくして成果・結果なし!

    お酒を飲むと誰だって多少は酔います。 同じように、いい本やいいセミナーを受けると、「ああ良かっ…
  6. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  7. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  8. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  9. 2017-1-16

    ビットコイン(Bitcoin)とサトシ・ナカモトとクレイグ・ライト

    仮想通貨と呼ばれるものの中で、今一番有名なのはビットコイン(Bitcoin)だと言われます。 …
  10. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る