ブックオフの元社長はパート主婦からスタート/橋本真由美さん

読書の秋・・・ですが、私は本を買うのにけっこう古本屋さんを利用します。

古本屋さんにもいろいろありますが、たとえばブックオフも利用します(以前は100円で買えたのに200円に値上がりしてちょっと残念ですが・・・)。

今から10年前の2006年に、ブックオフコーポレーションの代表取締役社長に一人の女性が就任しました。

その人の名は「橋本真由美さん」です。

橋本さんは18年間専業主婦として家事と子育てに専念されていたのですが、41歳のときに一念発起してパートでブックオフに働きに出られました。

パートとは言え、仕事時には常に現場のことを考え続けて働いてこられた・・・とのことです。

やがて正社員として採用され、あれよあれよという間に4年後には取締役になり、結果的には社長に昇り詰められたわけです。

「元専業主婦でパートのおばちゃん」が東証1部上場企業の社長に就任した・・・ということで当時は話題になりましたし、実際すごい!ことだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

その橋本さんがこんなことをおっしゃっています。

A)一つは「橋本真由美個人として認めてもらえた」ことが嬉しかったんです

B)当時は時給600円で月額にしても6~7万円くらいでしたが、夫の給料の他に収入があるということが本当に嬉しかったですね

C)中古本を買い取らせていただき、きれいに磨いて、拭いて、陳列して・・・・・・それが売れたときの喜びは何とも言えないものがありました

D)仕事を公平に評価されて、自由度のある「やりがいのある場」が与えられていたんだと思いますし、これは会社を経営するうえでとても大切だと思っています

A・・・自己重要感を満たされる大切さ

B・・・収入源が複数あることの大切さ

C・・・顧客の喜びを自分の喜びとする

D・・・公平人事とやりがいの大切さ

・・・そうしたことがこれらの言葉に表れていると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の一つひとつの言動・・・極端に言うと会社の中で一歩動いたらその一歩が会社の利益につながっている、あるいは付加価値を生み出している・・・と言える人は会社に貢献している人です。

それが仕事をしている人ですね。

仕事をして(働いて)給料をもらうのがビジネスマンです。
反対に「給料をもらって働くのはサラリーマン」です。

ただ言われたとおりに機械を動かしている・・・資料を作成している・・・そんな人たちは作業だけをしている人で、サラリーマンの域を出ません。

たとえ単純作業であっても、どうすれば効率を上げられるか?とか、受け取る人に喜んでもらえるか?・・・などと考える人はビジネスマンになっていけます。

秋の夜長に読書を楽しみつつ、自分がビジネスマンとして活躍することを考える絶好の機会にサラリーマンの人にはしてもらいたいものです・・・ね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  2. 2017-3-26

    【経営者注目!】新規参入でビジネスを早く軌道に乗せる裏技とは?

    一般的に、既に市場が出来上がっている業界に新規で参入していくのは「レッドオーシャンに飛び込む」・・・…
  3. 2017-1-31

    文句を言いたげな社員を味方にする方法(ソクラテス式のマネジメント術)

    サラリーマンというのは自分勝手な生き物で、入社するときはさんざん美辞麗句を並べて、何とか採用してもら…
  4. 2018-1-31

    トマス・J・スタンリーに学ぶ「お金持ちになるコツ」とは?

    『隣の億万長者』という本で有名な作家のトマス・J・スタンリーは、お金持ちになるコツとしてこんなことを…
  5. 2019-3-19

    なぜ、不動産投資をするのか?

    世の中では「理由」で動く人のほうが多いですが、私は「目的」で動くほうが大事だと思っています。 …
  6. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  7. 2019-3-21

    転職後に留意すべき3つのこと

    会社を辞めて別の会社に転職することは、今では決して珍しいことではなくなりました。 私が転職…
  8. 2019-12-12

    目に見えない妄想にいつまでも囚われてはいけない

    一休さんのとんち話はいろいろありますが、その中の一つにこんなのがあります。 あるとき、一休…
  9. 2019-6-28

    その人は何の「プロ」なのか?

    世の中には「プロ」と「アマ」の2とおりの人がいます。 「プロ(プロフェッショナル)」とは、…
  10. 2017-10-21

    選挙で当選させてあげたい人

    明日(2017年10月22日)はいよいよ総選挙ですね。 衆議院選挙は全員の選挙なので「総選挙」…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る