結果にコミットすると原因がどことともなく創られてきます

有名な話ですが、かつてアメリカのケネディ大統領が「人類初の月へ降り立つ」ことを決めたとき、まだ技術的にはそれが無理な時代だったと言われています。

当然、大統領の周辺もNASAのメンバーもアメリカ国民も驚いたと思います。

ところが、時の大統領が「1960年代に月へ行く」という「結果」を先に決めたことによって・・・そうしたら・・・そこから多くの英知が集まってきて・・・いろんな技術が進歩して・・・結果的には見事にそのとおりのことが実現しました。

1969年7月20日、ニール・アームストロング船長率いるアメリカの宇宙飛行士はアポロ11号で月面着陸を果たしたわけです。

「結果」を求めたら、求めたそのときは不可能に思えたことであっても、そこから各種「原因」がどこと伴(とも)なく創り出されていき、その原因があるからこそ結果が生じる・・・という摂理が働いたわけです。

(まあ、それを宣言したケネディ大統領はその歴史的な場面を見ることなく、1963年11月22日に銃弾で倒れたのは何とも皮肉な話ですが・・・)→今日が命日です。

通常言えるのは「原因があるから結果がある」という「原因と結果の法則」です。

これはこれで正しいです。

そしてもうひとつ正しいのは「結果を決めるとそこから原因が創られ始める」という「因果逆転の法則」も存在するということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たとえば、自分で「来年の夏休みはアメリカへ行く!」・・・と決めれば、そこから頭の中でそのためには何を準備すれば良いか?何をしなければいけないか?・・・などと考えがスタートします。

結果を決めることで原因をいくつも創り出す作用が始まるわけです。

ビジネスも同じです。

ウオルト・ディズニーがディズニーランドを構想し、やがてウオルトの死後にそれが実現したのと同じように「○○年後までにこうなる!」と決断すれば、そのためにはどうしたらいいのかと考え、それに向かって行動するのが人間です。

「未来を明確に決めたとき(=コミットしたとき)、どこと伴(とも)なく原因が創り出されてくる」と理解しておくことはリーダーには大事なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  2. 2018-8-3

    トイレのハンドドライヤーとビジネスチャンス

    最近思うのは、どこのトイレに行っても紙タオルを置いているところは減ってきていて、むしろハンドドライヤ…
  3. 2017-1-13

    日米間の10年国債金利に2%の差があると・・・

    世界を股にかけてお金の運用をしている、いわゆる「機関投資家」と呼ばれる大手投資家は、その運用の一つに…
  4. 2018-4-14

    社会人1年目の人へのアドバイス

    新入社員・・・社会人1年目の人が「何かアドバイスをください・・・」と聞いてきたなら、私はいつもこうア…
  5. 2017-5-20

    【必読】優秀な自動車セールスマンの極意とは?

    ある人(Aさん)から教えてもらった話ですが、昔、あるところに車の販売で非常に優秀な成績を収めている営…
  6. 2017-8-25

    【必読】G-PDCAサイクルをまわすときに大切なポイントとは?

    仕事をするときでもお金を稼ぐときでも共通して大切なことの一つに、「仕組みを適切につくる」ということが…
  7. 2017-7-31

    【警告!】洗脳にご注意を…【自己防衛術】

    世の中には悪だくみをする人がいるもので、特に詐欺に関しては「私は詐欺師です」なんて自分から言うはずが…
  8. 2017-10-11

    あなたが一番勉強したのはいつですか?

    多くの人は中学から高校へ進学するときに「勉強」をたくさんします。 なぜなら、人生初めての選抜試…
  9. 2017-7-9

    【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

    高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞…
  10. 2017-10-1

    【必読】恐怖を軽減させる手法とは?

    人は恐怖を感じると、身が縮こまって動きが取れなくなります。 主な原因は脳が一時停止してしまい、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る