価値観・考え方・哲学を学ぶ

日本の社会の流れを追ってみると、明治維新によって封建社会から「国家」が確立する時代となり、やがて第二次世界大戦後には国家よりも「会社」が先頭に立って活躍する時代となり、それも徐々に「会社」よりも「家庭」が重視されるようになり、さらには「家庭」よりも「個人」が尊重される時代に移ってきているように思えます。

それに伴って大家族がどんどん核家族化し、さらには独身世帯が増えてきました。

これが近代日本の流れだと思いますが、視点を変えれば「責任の所在」を置く拠点が時代の変遷とともに移ってきたのだと思います。

「責任の所在」とはその時代、その時代で重要視される拠点のことです。

それが国家→会社→家庭→個人と移ってきたように思えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これからは集団主義ではなく、個人主義的な生き方が主流になっていくと思われます。
もはや集団護送的な組織で家庭や個人の面倒を見たり守ったりする時代ではないと思います。

もちろん、ゼロではありませんが、かつてのような比重は置かれないだろうということです。

つまり、自己責任の原則がますます大切になっていくわけです。

そういう時代背景である以上は、自分を頼りにするしかありません。

そのためには自分を磨くことが大事です。

特技を身につけたり得意技を磨くことが必要になり、自分が自分らしく生きていくことが果たしてどう生き方なのか?が常に問われ続ける時代になっていくかもしれません。

大前提としては「価値観・考え方・哲学」を勉強して学んでおくことが必要になると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る