一つ一つは少なくても「儲ける仕組み」になる

一昨年も、昨年も、今年も中古マンションの区分(ワンルーム)を購入しました。

概略化して言うと、そこから得られるそれぞれの家賃収入は月額で数万円程度です。

そのためにローンを組み、毎月の返済や年に一度の固定資産税などを考えると、実質の手取り額としてはほとんど数千円程度のものです(一応プラスになるように設定しています)。

ただし、ローンは10年返済の元利均等払いで組んでいますので、返済額は初期の頃が一番高く、毎月徐々に下がっていって、最後の返済額は当初よりも約1万円ほど少ない返済額になります。

当初の1年目はほとんど手元にお金は残りませんが、毎年少しずつ手元に残るお金が生じてきて、最終返済が終わると丸々家賃収入が手元に残ることになります。

年間にすればせいぜい数十万円なのですが、毎年、この「数十万円を得る仕組み」を毎年継続して設けていくと、算数上は10年後には「毎年数百万円を得られる仕組み」と化します。

実際、冒頭に書いたようにこの仕組みを一昨年も作り(購入し)、昨年も作り(購入し)、今年も作りました(購入しました)。

来年もそうする予定でいます。

すべては「10年後を見据えたうえでの」思考と行動です。

10年後、私は65歳です。

ひと昔であれば、会社員の定年年齢であり、残りの人生は約15年(平均寿命が80歳)といったところでしたが、昨今の65歳はまだまだ現役バリバリで働いている世代で、残りの人生は35年もあります(人生100年として)。

一般のサラリーマンであれば、定年を迎えるとそこで職を失い(まあ、継続雇用でもう少し働くこともできますが)、そこから先の収入源は「公的年金のみ」となります。

ところが、その頼みの綱の公的年金の金額は「月額で約15万円程度」・・・に過ぎません。

私の場合、1ヶ月15万円で暮らしていくのは経済的にも行動的にも精神的にも不自由です。

不自由な暮し方/生き方はしたくないのが私の信条です。

したがって、自分年金を設けることが必須となり、そのための「10年後を見据えた」行動をとってきたわけです。

一つの例/考え方に過ぎませんが、こうした中・長期目線での視界を持ち、未来を見据えた「今」の行動をとっていくことの大切さを、私は現役時代の仕事から学びました。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-3-4

    「自信がある人」の共通点とは?

    自分に自信を持つことは、平常心を保てることにつながりますし、いろんな局面でその自信が良い方向へ物事を…
  2. 2017-10-18

    【重要】「収益還元法」による不動産投資の考え方

    不動産投資を行なう人は、当然のことながら自分が投じる資金を元にして「収入を得たい」と思っています。 …
  3. 2018-2-6

    ビットコイン(仮想通貨)がインフレ起爆剤になるか?

    580億円分の仮想通貨「NEM」がコインチェックから流出した問題についていろいろな説が囁かれているよ…
  4. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…
  5. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  6. 2017-10-15

    あなたの収入は何のため?

    私は「不労所得」という言葉を普段使わないのですが、世間一般では「働かないで得られるお金のことを不労所…
  7. 2018-11-11

    「安心できる借金」と「不安な借金」の違いとは?

    借金をすることで、人は長い時間を一気に駆け上って自分の欲求を満たすことが可能になります。 ただ…
  8. 2017-9-12

    人生をマージャンに例えると・・・

    将棋や囲碁というのは2人で対局して行いますが、両者ともにスタート時点では(ハンデを除けば)対等です。…
  9. 2017-10-14

    年収ばかりを追い求めないで・・・

    人が幸せを感じる主な要因の一つに「お金(収入・貯金)の満足度」が挙げられます。 確かに、収入が…
  10. 2019-6-25

    予備対応話法という販売テクニック

    営業では「対応話法」という概念を大切にすることが必要で、これができていないとなかなか売上を伸ばすこと…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る