働いても働いてもお金持ちになれない従業員たち

資本主義のルール下では、もしかすると「働いても働いてもお金持ちにはなれない」・・・という不文律があるのかもしれません。

逆に言うと「お金持ちになれるのは、労働をしない(あまり働かない)資本家たち」・・・です。

・・・・・・・・・・

少し極端な(過激な)言い方をすればこうです。

社長は株主の召使い

従業員は社長の召使い

一番働いてるのは従業員、

次に働いてるのは社長など役員たち、

まったく働いていないのは株主

最もお金持ちは株主(←原則的に)、

次は社長、

最後が従業員

つまり、「一番貧乏なのは従業員」ということになります。

従業員たちは、毎日汗水流して一生懸命に働いています。

それなのに、数年~数十年経ってよくよく考えてみれば、従業員が一番貧乏であることに変わりなく、結局「働いても働いてもお金持ちにはなれない」ことが皮肉なことに立証されています。

極端な言い方で、ちょっと過激ですが、まあ、痛いところを突いている本質的なことだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

見方を変えればこうなります。

お金持ちになりたければ、労働的なものはなるべく避けて労働的でないものを選択していくと良い・・・。

それは、たとえば何かを発明したり特許をとることだったり、歌の作詞・作曲・歌唱だったり、本を書くことだったり、不動産や株をたくさん保有して家賃や配当金を得ることなどが考えられます。

言い換えれば、それらはすべて「権利収入」です。

労働(就労)ではなく、権利を持つことで得ることが可能となるお金の稼ぎ方のほうが、長い目で見れば預金通帳に「お金」という数字が増える可能性は高いと思います。

ちなみに欧米では「労働=罰」という価値観が一般的です。

日本では「労働は美徳」という価値観が学校教育を通して国民に刷り込まれてきていますが、そこが欧米発祥の資本主義の構造と本質の部分で反している点なのかもしれません。

従業員という立場を40年以上も強いられるサラリーマンは、早い段階で見切りをつけて独立した人やビジネスマンとして羽ばたいていった人には「経済的な側面では」勝てないのかもしれない・・・と気づくことが大事かもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-5-1

    【FX】投機の3段階とは?【株式】

    銀行預金の利息があまりに低い時代ですから、ただ銀行に預けていてもお金がどんどん増えることはありません…
  2. 2018-9-12

    飲食店などでの「スタンプカード導入」のコツ

    私がよく行く映画館のビルにラーメン屋さんが入っているのですが、そのお店はスタンプカードを導入していて…
  3. 2017-10-25

    【必見!】費用をかけずに自己投資(啓発)をする方法

    自己投資には大きく2つの方法があります。 一つはお金をかけて行う方法で、もう一つはお金をかけな…
  4. 2017-2-16

    見込み客・お客さまを集めるのではなくて・・・

    営業会議では、よく「客を集めるには・・・」といった言葉が飛び交います。 まあ、別にそれで間違っ…
  5. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …
  6. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…
  7. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  8. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  9. 2017-2-8

    お金の失敗を早く経験することも大切

    外国の子どもは「働かないとお金を手に入れられない」という発想が身についていると言われます。 そ…
  10. 2018-11-1

    投資における借金は「良い借金」

    投資を考えたときに、自己資金だけで行なうのも勿論アリですが、あえて借金をすることでレバレッジを効かし…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る