お金持ちの家に生まれてもお金持ちになれるとは限らない

同じ規模の業績を誇る会社があるとき、「創業社長」と「サラリーマン社長」とでは、基本的な人間力や器の大きさなどが圧倒的に異なると思います。

 

一般的には創業社長のほうが大きいものです。

 

ゼロから事業をスタートして、苦労をしながら会社を発展させて大きくしてきた創業社長と、入社したときには既に土台ができあがっていて、ビジネスモデルもほぼ確立されていて、あとは上司の指示通りに決められた仕事をしてくればよかっただけで、たまたま社内でうまく出世して社長になったサラリーマン社長とでは、経験も苦労の数も成功の数も、それらの量や質も全然違うと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・

同じように、お金持ちの家に生まれた子どもは小さいときからお金持ちの家庭で育ち、大きくなってその財産等を引き継ぐだけで自然と自分もお金持ちになっていきます。

 

そんな人は、貧しい生活からスタートしていろんな苦労を重ねながらも何とか自力で財産を築いてお金持ちとなった先代とは、人間力も器も大きく異なると思います。

 

先代は長期間をかけて財を成しましたが、その家に生まれた子どもは時間をかけずに財を手に入れています。

 

自分でつくったお金・財産はそう簡単に失うことはありません。

 

なぜなら、それをつくるまでの大変さ・苦労を身に染みて知っているからです。

 

ところが、自分でつくったお金・財産ではない場合、得てしてそれは「あぶく銭」であり、簡単に散財してしまうものです。

 

なぜなら、何も思入れがなく、競馬や宝くじなどと同じように「棚からぼた餅」状態で得たお金・財産だからです。

 

たまたま相続等で数億円~を受け継いだ人には、その数億円~を自分で創り出す能力が備わっているわけではありません。

 

つくり出する能力もなければ、維持・管理する能力も備わっていないと見たほうが当たりです。

 

ぜいたくな暮らしをして、無駄遣いをして、簡単にその大半を失ってしまう人が大半だと思います。

 

だから、お金持ちの家に生まれた人がお金持ちのままでいることはとても難しく、お金持ちを維持するためにはその人自身も苦労をしたり、お金を稼ぐ大変さを経験したりする必要があります。

 

分不相応のお金・財産を持っても、維持することができなければ、タダの人・・・です。

 

資産家の多くは一代で財を成しています。

 

ただし、お金持ちの家に生まれた人は少なくとも、他の人よりも恵まれた環境にあるのは事実であり、したがってキチンとやるべきことをやり、経験すべきことを経験していけば、その財を守り続けていくことができます。

 

要は「お金の教養・マネーリテラシー」を身につける」ことが肝要で、それをやるかやらないか・・・にかかっています。

 

お金持ちの家に生まれたからと言ってお金持ちであるとは限りませんが、でも、お金持ちである(になる)可能性はかなり高い状態に位置しているのは確かなので、その優位性を活かすことが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-6-11

    安易に「副業」を始めて二重に苦労をしてはいけない・・・

    ちょっと前まで新型コロナで世間は不安と恐怖でいっぱいだったと思いますが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」・…
  2. 2019-7-22

    ローマ帝国が永らえたわけ/フォードの勝利

    ローマのカエサルは借金王とも呼ばれたそうです。 カエサルは、「借金が少額のうちは貸した者が…
  3. 2017-10-1

    【必読】恐怖を軽減させる手法とは?

    人は恐怖を感じると、身が縮こまって動きが取れなくなります。 主な原因は脳が一時停止してしまい、…
  4. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  5. 2016-12-31

    【大晦日】欲とは山だけを求めるようなものです

    人生山あり谷あり・・・ですし、人の感情も起伏がありますから、感情も山あり谷あり・・・と言えます。 …
  6. 2017-8-11

    節税目的の不動産投資はNGです

    税金にもいろんな種類があります。 身近に感じられるのは「消費税」ですが、社会人として働いている…
  7. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  8. 2017-3-13

    最初は易(やさ)しいことから始めよう

    人は、時間をかけて得る結果をあまり選ぼうとしない傾向があります。 できればすぐに得られる結果の…
  9. 2018-10-12

    「稼ぐ」→「増やす(投資)」→「増やす(再投資)」

    多くの人が「当たり前」だと思っていることとズレた道を選択するには勇気が要ります。 常識とされて…
  10. 2019-6-20

    定年退職時5000万円の持ち金の行方

    仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る