考え方(マインド)が変わらなければ、人は人生を変えられない・・・

新規顧客獲得の営業活動で、「今日は見込み客10件にアプローチするぞ」と思うのと、「今日も見込み客50件にアプローチするぞ」と思うのとでは同じように見えて実は大きな差につながると思います。

 

しかもその差は時間が経てば経つほど大きく開いていくと容易に想像がつきます。

 

なぜなら、実際に日々の行動実績が異なるからであり、また設定している「行動目標」が全然違うからです。

 

行動を良い方向に変えるためにも、日々抱いている自分の考え方・発想・思考回路を良い方向に変えることが大事だと思います。

 

・・・・・・・・・・

「何で?どうして?」・・・と考えることは過去を掘り下げる問いかけであり、逆に未来をつくっていく問いかけは「それでどうするの?」といった言葉が該当します。

サラリーマンは仕事において「何で?」という問いかけを一旦封印し、「それで?」を繰り返してみることもときには必要です。

 

そうすることで仕事に対する取り組み意識が少し変わりますし、その結果、今まで見えてこなかった何かが見えるようになるかもしれません。

 

「何で?どうして?」が過去を追求するのに対し、「それで?」は未来を追求する性質を持っていると気づくと、デキル人ならその両者を使い分けながら並行して用いることもできます。

 

いずれにしてもここで大切なのは「考え方(マインド)が変わらなければ、人は人生を変えられない・・・」ということです。

 

困難だからこそやってみる・・・

誰もやらないからあえて自分がやってみる・・・

そんな自分は傍から見るとアホに見えるかもしれないけれど、そうしたアホがいなければ世の中には新しいものは生まれないし発展することもない・・・と割り切れる姿勢がある人は立派だと思います。

 

今すぐの実現性の云々は一旦忘れて、3年先・・・5年先・・・10年先・・・といったくらいの振り切った未来カタログを創ることは、一般職のサラリーマンには難しくてもリーダーにとっては必須の思考法です。

 

よく、成功者は「あの失敗のおかげで今がある」といったことを言いますが、それはつまり近視眼的に「今すぐの結果だけを求めすぎてはいけない」ということを表しています。

 

「あの失敗のせいで・・・・」と愚痴って、そこでストップしていては成功できません。

 

チャンスは誰にでも訪れます。

 

しかし、意識を過去に強く置いてマインドを変えることを嫌う人はそのチャンスを逃します。

 

意識を未来に強く置いてマインドを変えることにこだわらない人はそのチャンスを摑まえる可能性が高まります。

 

成功者は失敗してドン底に落ちても、きっとまた這い上がってきます。

 

一方、貧乏な人は宝くじなどで大金を手にしても最後にはまた貧乏になってしまうと言われるように失敗者(成功できない人)は一時的なことに有頂天となってそこから落ちていくことに自分自身で気づかないのかもしれません。

 

成功者と成功できない人には考え方に差があり、その考え方の差こそが成功者となるポイントと言えそうです。

 

より良い人生を歩むためにも、自分の考え方(マインド)を良い方向に変えて自らの手で自らの人生を変化させる覚悟と意識を持つと良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-15

    お金・経済的自由も攻めと守りが大切です

    月給・年収に意識を向けると「攻撃」だけですが、資産に意識を向けると意識は「防御+攻撃」となります。 …
  2. 2018-9-20

    「お金」という結果を求めるなら【原因】をつくらなければいけない

    多くの人は、「収入が増える(稼ぎが多くなる)」という「結果」を求めます。結果を求めるのはいいのですが…
  3. 2016-12-23

    【知ってましたか?】ATMで1万円を「千円札10枚」で引き出す方法

    人から教えてもらったやり方ですが、最近のATMは相当賢いようで、お金をおろす時にちゃんと券種まで理解…
  4. 2017-6-16

    リーダーが社員に与えるべき正しい負荷とは?

    作用があれば反作用があるように、負荷をかけるとその負荷に反発してある種の「力」が起きます。 筋…
  5. 2018-1-2

    100%利率の貯金を何日継続できますか?(複利パワー)

    もしも、元日に1円の貯金をして、2日にはその倍の2円の貯金をして、3日にはその倍の4円の貯金をして・…
  6. 2017-3-26

    【経営者注目!】新規参入でビジネスを早く軌道に乗せる裏技とは?

    一般的に、既に市場が出来上がっている業界に新規で参入していくのは「レッドオーシャンに飛び込む」・・・…
  7. 2018-5-7

    ドラえもんの未来小切手帳

    日本の「ドラえもん」にそっくりなキャラクターデザインを中国の会社が商標登録していたのを中国の裁判所が…
  8. 2018-6-4

    わかりやすい説明・報告をするときの留意点2つ

    「人にわかりやすく説明する能力」は、上司であれ、部下であれ、すべての企業人に求められます。 ま…
  9. 2019-12-17

    「条件付きの自信」を「条件なしの自信」に変える

    仕事で「ゲン担ぎ」をすることは構わないですが、「条件付きで自信を持つ」ことはあまりしないほうが良いと…
  10. 2022-1-18

    長きに渡って通用するものを身につけよう!

    勉強でも仕事でも、人は短期で結果が出ることを追い求めがちです。 確かに「求…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る