借金返済のために働くのは結局誰のため?

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

自分は誰のために仕事をしているのか?・・・とサラリーマンは人生のどこかでふと立ち止まって悩んでしまうことがあると思います。

仕事やプライベートで何か壁にぶち当たったときやスランプを脱出できないときに多く見受けられます。

出てくる答えは、家族のため、自分のため、社会のため、自分の好きな人のため・・・といったところだと思います。

もし、家族がいて住宅ローンを抱えて働いている人なら出てくる答えの一つに「銀行/金融機関のため」というのが混じってくるかもしれません。

つまりは借金・ローンの返済のために日々働いているというわけです。

そう考えるのは何とも虚しいものですが、あながち間違いでもありません。

間違いではないものの、やはりそうした人生は楽しくはないと思います。

住宅ローン、マイカーローン、クレジットカードでの買い物、リボ払い・・・といった「借りたお金を返すべく毎日一生懸命金融機関のために働いている」・・・としたら、ちょっと人生の迷いの川に嵌りそうです。

返済が終わればちろん対象のモノは残ります。

でも、その頃には家、車、その他のものはすべて資産価値が目減りして、場合によっては「新しさ/新鮮さ」という付加価値を求めるがあまり次の借金を繰り返し、再び毎日毎日を金融機関の売上・利益に貢献していく・・・という人生に陥る危険性があります。

そうはなりたくないものです。

無意識のうちに金融機関のために働くのはうまくありません。

真の目的(=家族、自分、社会のためなど)で働く意識が大切です。

借金のための労働から開放されることが人生では必要です。

また、借金から解放された後は「経済的自由を手に入れる」状態にならなければいけません。

借金から解放され、本当にやりたいことのために働くことを実現する姿勢が大切です。

経済的自由を手に入れるには「投資で財資産を増やす」ことも認識する必要があります。

幸い、今は「投資熱が高まっているとき」であり、勉強をしようと思えばいろんなところで学ぶ機会があります。

もし、銀行や金融機関の借金から解放されて本当の意味での自由を手に入れたい・・・と思うなら、いつからでも遅くはないのでお金の教養と投資について学んでいくと良いと思います。

早ければ早いほど後々有効になっていきます。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目のお勧め記事!

  1. 2022-8-6

    「お金を切り崩す老後生活」から抜け出そう!

    一説には老後資金に必要な金額は夫婦2人で2千万円とも5千万円とも言われていますが、どれも正解であり不…
  2. 2016-12-31

    【大晦日】欲とは山だけを求めるようなものです

    人生山あり谷あり・・・ですし、人の感情も起伏がありますから、感情も山あり谷あり・・・と言えます。 …
  3. 2018-1-19

    一人暮らし社会人が東京で幸せに暮らすために必要な家とは?

    昨年11月に不動産情報サービスのアットホーム株式会社が発表したある調査によると、「一人暮らしの社会人…
  4. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…
  5. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…
  6. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…
  7. 2018-10-31

    不動産投資の物件情報の収集方法

    今年の年初に「今年こそは不動産を買って家賃収入を得ていこう!」という思いを持っていた人もいると思いま…
  8. 2017-9-12

    人生をマージャンに例えると・・・

    将棋や囲碁というのは2人で対局して行いますが、両者ともにスタート時点では(ハンデを除けば)対等です。…
  9. 2017-11-29

    【推移公開】最初に収益不動産を購入してから7年経ちました

    不動産投資を最近始められた人はこれからがたいへん楽しみだと思いますが、一応「投資」である以上リスクも…
  10. 2018-1-8

    お金持ちより「お金力・持ち」を目指そう!

    お金はないよりあったほうがいい・・・とよく言われます。 確かにそのとおりだと思います。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る