投資・投機は余裕資金で行うのが原則です

投資も投機も「リターン」を目的としていて、そのリターンとはたいていの場合「金銭」です。

つまり、平たく言うと 「お金儲け」を狙って多くの人は投資・投機を行います。

たとえば、マイホームを買った途端に不動産価格が急落して自分の家の評価額が下がったとしても、別にマイホームをすぐに売ろうとはしませんし、まったくそんな発想すら及ばないと思います。

なぜなら、そこに住むことを目的に家を購入したわけで、売却することを目的に買ったわけではないからです。

不動産相場価格が上がろうが下がろうが、気の済むまでずっと住み続ければいいだけのことです。

地価変動に関する情報は自分にとっては必要な情報ではない、と言うことです。

・・・・・・・・・・・・・・

投資(=家賃収入目的)で購入した人もその物件自体の価格が上がろうと下がろうと気になりません。

なぜなら、得たいのは家賃という安定した収入であって、売却差益を求めているわけではないからです。

ところが、投機(=転売目的)で家(マンション・アパート・戸建て住宅など)を買った人は最初からそこに住む気がありませんし、値上がりして売却することが目的ですから、毎日不動産の市場動向が気になります。

目的が違えば、思考回路も異なり、行動プロセスも変わってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よく「投資・投機は余裕資金で行いましょう」と言われます。

そのとおりだと思います。

なぜなら、余裕資金で行わないということは日常必要資金で行なうことを意味していて、それだと精神的に毎日ビクビクオドオドしていなければならなくなるからです。

余裕資金で行なえば、 別に慌てて現金化する必要はない/売らなくてもいいという安心感を得られます。

すなわち、 「余裕資金で行う」ということはリスクに対する耐性度合いを強化するための考え方であり、背景には「短期狙いでなく長期狙いで投資を行いましょう」というメッセージが隠されていると言えます。

他の収入で生活費がまかなえていて、仮に投資で得られる収入がなくても日常生活に不便がなければ、投資リターンが思うようにいかなくても特段心配はないわけです。

毎日一喜一憂したり動揺したりしなくて済みます。

「投資・投機は余裕資金で行うのが原則」であり、その意義は「長期狙いで行うのが鉄則」ということの裏返し・・・だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-4-29

    なぜ「やってしまった後悔」のほうが良いとされるのか?

    後悔とは「結果」に対して抱く感情ではなくて、「プロセス」に対して抱く感情です。 そして、後悔に…
  2. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…
  3. 2017-9-24

    人に教えるときに大切にすべき3つのセット内容とは?

    スポーツでも勉強でも仕事でも、指導者や先生や先輩などが教えるときは、「○○をしなさい」・・・といった…
  4. 2018-5-22

    カラーバス効果で夢を叶えましょう

    街中でも、自分の家でも、会社(オフィス)でもどこでも良いので、こんな実験をしてみてください。 …
  5. 2018-9-26

    企業の成長期・発展期は借金経営のほうがベター

    一般的には、家計において借金はしないほうがベターです。 なぜなら、その借金は「消費」に充てられ…
  6. 2017-1-13

    日米間の10年国債金利に2%の差があると・・・

    世界を股にかけてお金の運用をしている、いわゆる「機関投資家」と呼ばれる大手投資家は、その運用の一つに…
  7. 2018-5-29

    ケネディ一家に学ぶお金の話

    5月29日は、アメリカの元大統領ジョン・F・ケネディ氏が生まれた日です。 トランプ大統領が昨年…
  8. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  9. 2018-6-13

    ハリーポッターに学ぶ「自分がやれることはすべてやる」+「うまくいくまであきらめない」

    「ハリーポッター」と言えば、映画はもちろん、本やUSJのアトラクションなど、多くの客を動員してお金を…
  10. 2021-6-11

    死ぬときに後悔をしないための決断

    人生は選択の連続ですが、ほとんどの場合、人は無意識化で選択・行動をしているために「自分が選択の連続で…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る