財布をメタボにせず、お金を大切に扱おう!

「お金は大切ですか?」と聞かれたら、ほとんどの人は「はい」と答えると思います。

「では、お金を大切にしていますか?」と聞かれると、そこで「う~ん・・・」と唸ってしまう人も多いと思います。

オレってお金を大切にしているかなあ・・・?待てよ、そもそもお金を大切にするって何だ?・・・などと思ったりします。

「お金を大切にする」というのは「お金を大切に扱う」という意味です。

お金が大切なら大切に扱うことが重要です。

たとえば、ぐちゃぐちゃっと握りしめてお札をシワだらけにしたり、お札をバラバラの折り曲げ方で財布に入れたり、財布に入れるときの向きも表裏・上下が統一されていなかったり、硬貨で支払うときにポイッと投げるようにお店の人に渡したり、落ちているお金を1円玉や5円玉だと拾わなかったりしている人はお金を大切に扱っていない人です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お金を大切にしている人は財布も大切にしています。

そうう意味では、財布を見るとその人がどっちのタイプかだいたいわかります。

表面的なキズや汚れだけでなく、財布自体がパンパンに膨れ上がっているような人は、財布の中にお札以外のモノ(カードやレシートなど)をたくさん入れている人です。

そういう人は、残念ながらお金を稼げない人になっていくかもしれません。

メタボな財布は、お金という筋肉で太っているのではなくて、レシートやポイントカードやお守り、クーポン券など、お金以外の脂肪質で太っているからメタボ財布です。

中身がきちんと整理されていないわけです。

また、痩せすぎ財布もあまりよくありません。

痩せすぎ財布は、お札以外のものが少ないという意味では良いのですが、結局お金(紙幣)もあまり入っていないから骨と皮状態の財布です。

財布の中に、ある程度の紙幣を常時入れている人は、そのお金を使わないからお札が入っているわけで、お金を使わない=お金が貯まる・・・ という好循環になります。

お金を使っているのに常時ある程度お札が入っているとすれば、それはその人がキチンと減った分だけお札を補充して財布に入れていることを意味しています。

そういう人はお金を稼いでいるからこそできるわけですし、お金を大切にしている証拠でもあります。

まあ、こうした見方は多分に偏見的要素が強いかもしれませんが、大事なことは自分なりの哲学(ポリシー)をもってお金を大切に扱っているかどうかだと思います。

お金を稼ぎ、かつ貯金も継続してできる人というのは財布をメタボにせず、お金を大切に扱おうとする習慣の持ち主であることが多いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-12-31

    【大晦日】欲とは山だけを求めるようなものです

    人生山あり谷あり・・・ですし、人の感情も起伏がありますから、感情も山あり谷あり・・・と言えます。 …
  2. 2018-10-17

    【必読】収入を2倍から10倍にする方法

    サラリーマンが今の自分の収入=給料を2倍にする・・・としたなら、どんなアイデアが考えられるか? …
  3. 2020-2-23

    お金の心配がないことで変わること

    経済的に自由な状態にあるということは、「多少のお金のことなら心配がない」というだけのことなのですが、…
  4. 2017-3-10

    熱心な営業マンと立派な営業マン

    世の中にはいろいろな経営者がいて、中には「名経営者」として世間に広く名前が知れている人や、亡くなった…
  5. 2016-12-8

    あなたは「お金の教育」を受けたことがありますか?

    世の中には自己流でも特段問題なくやり過ごせることと、自己流ではやり過ごせないことがあります。 …
  6. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…
  7. 2018-6-4

    わかりやすい説明・報告をするときの留意点2つ

    「人にわかりやすく説明する能力」は、上司であれ、部下であれ、すべての企業人に求められます。 ま…
  8. 2018-7-24

    成功法則を読んでも多くの人が成功できない理由とは?

    世の中には数多くの「成功本」と呼ばれる書籍があります。つまり、「成功するにはどうすれがいいか?」とい…
  9. 2018-7-26

    月々9万円強で「1,000万円」を買う?

    不動産は高額なことが多いので、多くの人は「借金(融資)」をして買います。 仮に「1,000万円…
  10. 2018-12-2

    未来の利益は経営者自身で「決める」ことが大切です

    社長(経営者)は、会社の利益数字をいつも頭の中で考える習慣が必要です。 未来の数字がいくらにな…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る