クレジットカードの使い方

社会人になるとクレジットカードの1枚くらいはみんな持っていると思いますが、最近では学生の頃から持っている人、使っている人がほとんどでしょうね。

かつてうちの子も18歳で欲しがり、まあ何事も勉強なので持たせました。

クレカは使い方を誤らないようにしないととてもキケンです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よく言われることに「クレカは1枚に集中させて使うと良い」というのがあります。

確かにその通りだと思いますが、私は使う局面に応じてクレカを使い分けているので日常的に使うのは主に8枚あります。

クレカを使う目的はあくまでも「ポイントを得るため」だと割り切って使っています。

「本当は現金で払えるんだけどあえてポイントを得るためにクレカを使う」といった感じです。

本当は現金で払えるんだけど 
→ つまりその分の現金を持っている

ここが重要な点です。

支払う分の現金を本当は持っていないとすれば、そのクレカの使用はただの借金となります。

それだと家計を圧迫して、破綻予備軍となりますから絶対にやってはいけないことです。

次に、クレカを使ったらその分の現金を家でちゃんとより分けておくことが重要です(封筒に入れて取り分けておくなど)。

→ なぜなら本当は現金で買うつもりだったのだから・・・です。

→ その取り分けた現金を後日クレカの口座振替に充てます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クレジットカードを使ったときに得られるポイント付与率(還元率)は1%か0.5%が一般的だと思いますが、特殊な場合においては通常の2倍になったりします。

したがってポイントを5,000円分貯めようと思ったら、還元率1%なら50万円分のカード利用をする必要がありますし、還元率0.5%なら100万円分使わなければいけないことになります。

まあ、現金で払えば0円ですから、それでもありがたいことです・・・。

ところが、もしもこのときに「クレカ払いだと5%OFFになる」・・・というのであれば、10万円使えば5%OFFで5,000円分になります。

何が言いたいかというと、1枚のクレカに集中させると5,000円分のポイントは100万円使わないといけませんが、その場に応じて適切なカードを使うことによって仮に5%OFFになるなら10万円の使用で済む・・・ということです。

クレカを1枚に集約するのも一つの手ですが、「ポイントを貯める+支払額を減らす」という観点で言うと、結局は「どっちがトクかよ~く考えて使おう!」だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-2-14

    【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

    バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確に…
  2. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  3. 2018-7-16

    レバレッジを使いこなせる人間になろう!

    初めは人類よりも魚類のほうが海の中にたくさん潜ったり泳いだりすることができました。でも、今では潜水艇…
  4. 2018-8-3

    トイレのハンドドライヤーとビジネスチャンス

    最近思うのは、どこのトイレに行っても紙タオルを置いているところは減ってきていて、むしろハンドドライヤ…
  5. 2017-3-10

    熱心な営業マンと立派な営業マン

    世の中にはいろいろな経営者がいて、中には「名経営者」として世間に広く名前が知れている人や、亡くなった…
  6. 2017-1-15

    私が大切にしている「人生変化プロセス論」

    私は幼い頃、前ばかりを見ていたので過去を振り返る事はほとんどありませんでした。 少し成長すると…
  7. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  8. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  9. 2021-6-8

    雇われる立場から脱却する思考回路を持てるか?

    サラリーマンは「仮に今、会社を辞めて同じ仕事に就いたとき、果たして今と同じような生活をしていけるだろ…
  10. 2018-10-18

    定年退職までに準備しておくべき重要なこと

    平均的な年金を受け取っても、夫婦2人が生活をしていくには「毎月15~20万円ほど不足」・・・というの…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る