ローン金利の引き下げと定期預金

住宅ローン・教育ローン・マイカーローン・事業性ローン・・・名称はともかく銀行からお金を借り入れて毎月返済をしている人はたくさんいると思います。

そうした人が経済的に考えなければいけないことの一つが「金利の引き下げ」に関すること・・・です。

今はかつてないほど借入金利が低い時代と言われていますが、金融機関によっても、その借りる人の属性等によっても金利はバラバラです。

多くの人は一度借りたらその時の金利を後々に引き下げをする・・・という発想自体がありません。

少し目利き力がある人は、後日に金利の引き下げ交渉を銀行と行います。

うまく交渉ののテーブルに着けるかどうかはケースバイケースですが、交渉できたと仮定したとき、銀行側がたいてい持ち出してくる交換条件があります。

それは何か?

定期預金の新規預け入れ(開設)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある人の例です。

ローンを組んでいる銀行に200万円の普通預金を持っていました。

あるとき、ローン金利の引き下げを銀行にお願いしたところ、出てきた回答が「新たに300万円の現金を預け入れして、その300万円の定期預金を組んでくれれば金利を0.3%下げましょう」

・・・というものでした。

その人にとって、0.3%の金利引き下げは金額にして毎月約2万円の支払い軽減(節約)につながるものでした。

単純に言うと「300万円の預け入れで年間24万円の支出軽減」ですが、言い換えれば「300万円の投資で年間24万円のリターン」とも言えます。

24÷300×100%=8%です。

今のご時世で言えば、年に8%の利回りがある投資なんてまずないですから、かなりの好条件だと言えそうですね。

考え方を変換していえば、300万円で戸建て不動産を買ってそれを毎月2万円の家賃で貸しているようなものです(まあ、この場合は固定資産税が必要になりますから1.7万円くらいの家賃とも言えますが・・・)。

さらに言えば、300万円の現金を入れて定期預金を組んだ後、しばらく時が経つのを見計らいながらもともと預けてあった普通預金の200万円を引き出してしまえば、実質100万円の新規預け入れで年間24万円のリターンを得たことになり、そのときの利回りは24%になります!

さらにさらに極論を言うと、定期預金は途中で解約しても構わないものです。

半年くらい経って解約してしまえば、投資額はまるまる戻ってきてリターンにあたるローンの引き下げ分だけをずっと享受できることになります(まあ、もっともあまり露骨にするとその後の銀行との交渉が難しくなるかもしれませんが・・・)。

言えるのは、「ローン金利の引き下げ」という目的を達成するために、もしも「定期預金の開設」という交換条件が出されたとき、たいていの場合は一考の価値がある!ということです。

・・・・・・・・・・・・・

定期預金に預けるくらいならいっそのこと「繰り上げ返済をする!」・・・という手もあります。

これも確かに有効です。

金利自体は下がりませんが、毎月の返済額を減らすことはできます。

順番としては、

1.金利引き下げ交渉

2.繰り上げ返済

が良いと思います。

金利引き下げ交渉をすると定期預金を条件に求められ、それは目先的に現金が手元からなくなったような錯覚に陥るかもしれませんが、実はそんなことはなくて結構ラッキー!なパターンに落ち着くことが多いように思います。

一番大事なことは、ローンを組んだ後に「ローン金利を下げる方向で検討する」という発想を持つことでしょうね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-28

    副業禁止→副業解禁ですが・・・・・・

    最近のニュースの一つに、複数の大手企業で「副業を解禁した」というのがあります。 IT関連企業を…
  2. 2017-9-24

    人に教えるときに大切にすべき3つのセット内容とは?

    スポーツでも勉強でも仕事でも、指導者や先生や先輩などが教えるときは、「○○をしなさい」・・・といった…
  3. 2019-3-21

    転職後に留意すべき3つのこと

    会社を辞めて別の会社に転職することは、今では決して珍しいことではなくなりました。 私が転職…
  4. 2018-6-15

    努力という土台の上に「運」が舞い降りてくる

    秋元康さんが以前こんなことを言っていました。 僕は38年間、スターと呼ばれる人たちを見てきまし…
  5. 2017-4-13

    企業にとっての「優良顧客」とは?

    自社商品を購入してお金を支払ってくれる人はどんな会社にとっても「お客さま」ですが、あえて区別をすると…
  6. 2017-8-18

    20代のうちに「お金の教養」を身に付けたほうが良いわけとは?

    20代と80代の大きな差は、気力・体力的にやり直しがきくかきかないか?の差です。 20代はまだ…
  7. 2018-10-12

    「稼ぐ」→「増やす(投資)」→「増やす(再投資)」

    多くの人が「当たり前」だと思っていることとズレた道を選択するには勇気が要ります。 常識とされて…
  8. 2015-8-17

    サラリーマン必読!「賃貸派」と「購入派」どっちがお得?

    若い頃でバリバリ働いているときは、借家住まいでも良いと思うのですが、サラリーマンが定年となりいわゆる…
  9. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  10. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る