財運資質に満ちた人・足りない人

人は、普段持ちなれないような大金を手にすると、金銭感覚がマヒしたりして、普段では到底しそうもないような行動をとったりします。

つまり、お金を急激にムダ遣いし始めるわけです。

外資系企業に勤めるサラリーマンの中には年収1,000万円を超える人は多くいます。

キチンとした金銭感覚を持ちそれなりのお金の教養を持っているなら何の心配もないのですが、何もないまま学生時代に比べて急に収入が増えると、とたんにお金の使い方がわからなくなって浪費に走る人がいます。

せっかくの高収入なのにあればあった分だけ支出してしまって、手元にほとんどお金が残らないような人たちです。

人は慣れない金額を手にするとどこか頭の回転が鈍くなって、マヒしてしまうことを教えてくれます。

たとえば、高層マンションに住み高額の家賃を支払い、外国産の高級車を購入し、高額な生命保険に加入し、スポーツクラブのハイクラス会員になり、各種スクールに籍を置いて通わないのに毎月月謝だけを支払う・・・。

結婚すれば、子どもにいくつもの習い事をさせて高額な月謝を支払い、お受験(小学校受験)をさせたり、失敗しても中学受験で再チャレンジ、いずれにしても私立の学校に通わせて高い学費を払い続ける・・・。

もちろん、それでも生活が成り立っているなら何の問題もありません。

ヤバいのは、貯金がほとんどゼロで、あるとき急に会社からリストラ宣告をされて、外に放り出されたときなどです。

こういう人たちは不景気で会社が業務縮小をしたりリストラをし始めると一気に生活が破綻します。

「財運資質が足りない人」です。

普段お金を使っているのは、「お金を使わなければカッコ悪い」という錯覚に陥っているだけで、「おカネを使いたい病」にかかっているようなものです。

せっかくの大金を手にしても幸せになれない人は、こうしたところがどこか歪んでいるのだと思います。

反対に、お金があろうがなかろうが、収入の多寡に関係なく自分のライフスタイルに自分軸を確立している人がいます。

こういう人は「財運資質に満ちている人」です。

金銭感覚のまともな人ほど、財運資質は高いと思います。

財運資質が全くないのもイヤですし、足りないのも困ります。

財運資質を身に付けた人になって、生活を派手にし過ぎず、かといって質素すぎることもない・・・そんなライフスタイルが理想的だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-3-20

    事業等で再出発するときに誓うべき一つのこと

    物事が想定していたとおりいかずに行き詰まり、やがて再出発せざるを得なくなるときがあります。 事…
  2. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  3. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  4. 2019-6-3

    不動産投資(賃貸事業)のしくみ

    中古マンションやアパートや一戸建てを賃貸に出すことで「家賃」を得て、それを自分の生活費として暮らして…
  5. 2017-7-7

    強く想えば願いはきっと叶う!

    七夕では短冊に自分の願いを書いて、笹の葉につるしますが、最後にそうしたことをやったのはいつだっけ?・…
  6. 2017-4-22

    仕事を効率よく行うコツとは?

    あと1週間くらいでゴールデンウイークですね。 溜まっている仕事を片づけなければいけない・・・ゴ…
  7. 2017-11-16

    事業が不振だった時の事業報告書は要チェック!

    上場企業では、事業年度ごとに必ず決算短信を提出して広く投資家の人の目に触れるようにすることが義務付け…
  8. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…
  9. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…
  10. 2016-12-29

    北斗の拳/ラオウの最期の言葉

    『北斗の拳』というマンガでラオウが自分の人生最期に放った言葉「我が生涯に一片の悔い無し!」というセリ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る