お金を使うとき「縁起」を担ぎ過ぎないで!

日本人は何かと験を担ぐというか、縁起を大切にします。

ある意味ではとても良いことだと思いますが、行き過ぎるとちょっとうまくないかもしれません。

縁起を大事にし過ぎるあまり、悪徳業者に騙されて割高な買い物をさせられるケースも少なくない・・・ような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海外旅行のツアーでは、ほとんどの場合において現地のお土産屋さんに案内されるコース日程が組み込まれています。

そこでツアー客が買い物をすれば、購入した金額の数%が添乗員/現地ガイドさんに還元される・・・といった仕組みがあります。

バックマージン・・・と言われるもので、表には見えないシステムですが、確実に存在しています。まあ、それはそれで構わないのですが、人は外国に行くと気が大きくなって、ついつい余計なものまで買い物をしがちです。

お店ではそこで取り扱っている商品がいかに高品質であるかの説明を受け、その商品がとても縁起の良いモノだ・・・と言われると、確かに「何となく」気持ち良くなって欲しくなります。

でも、その「何となく」に高い費用を払う必要性がどこまであるのか?

そういったことを、一瞬立ち止まって考えてみなければ消費が浪費となってお金が消えていくのも早くなります。

・・・・・・・・・・・・・・

海外旅行だけに限りません。たとえば結婚式の日取りをいつにするか?・・・といったとき、日本ではなぜか六曜の「大安」という日を選択する人が多くいます。

結婚式に出席してもらいやすいのは一般的に土・日・祝日ですが、必ずしも大安がその日に当たるとは限りません。

大勢のカップルが同じことを考えるので、休日で大安の日には結婚式の申し込みが集中して超売り手市場となります。

結果として費用は高くなります。それでも縁起を担ぐカップルはそこで「まあ仕方ない・・・」となります。

お金の使い方を自分の軸をもって行なっている人は、伝統・慣習等をそれなりに尊ぶものの、縁起の良し悪しにはあまり興味を持ちません。

縁起にこだわって割高な費用を払うよりも実利・実益を優先します。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ビジネスでも同様です。

大事な契約をするのにわざわざ大安の日を選ぶ経営者もいますが、デキる経営者は大事なことならことさら迅速に契約しますから、決して大安の日まで待とうとしません。

即断即決!・・・を優先します。

何となくこれが慣習とされているから・・・と言って縁起・ゲン担ぎに従っていると、お金は消えていくリスクにされされやすくなります。

自分の判断に根拠を持ち、自分軸をしっかりと持っている人は合理的・理知的な判断をします。

縁起を大事にする姿勢はそれなりに大事だと思います。

そうした慣習を大切にする心も人として大切だとは思いますが、それを優先することでかえって不測の事態/マイナスの効果をもたらすようなら、ちょっとナンセンスだと思います。

お金を使うときは、自分軸に沿った判断で決定する姿勢のほうが大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-31

    【重要マインド】成長なくして成功ナシ!

    赤ちゃんや幼稚園児くらいだと「自分の思い通りにいかないと八つ当たり」します。 小学生~中学生~…
  2. 2018-11-1

    投資における借金は「良い借金」

    投資を考えたときに、自己資金だけで行なうのも勿論アリですが、あえて借金をすることでレバレッジを効かし…
  3. 2017-10-14

    年収ばかりを追い求めないで・・・

    人が幸せを感じる主な要因の一つに「お金(収入・貯金)の満足度」が挙げられます。 確かに、収入が…
  4. 2018-5-20

    【炎上防止策】文章を書くときは論理性多め・感情論少なめ

    私は学術論文は苦手です。読んでいてすぐに飽きますし、意味が分かりづらいからです。 論理ばかりで…
  5. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  6. 2017-11-15

    【必読】経済的自由を得るための近道

    経済的自由を得るための近道は実は昔から同じです。 ポイントは大きく2つあります。 1.そ…
  7. 2017-12-1

    達成感と充実感の違い

    目標を達成したときに得られるのが達成感ですが、同時にそのとき人は充実感も感じます。 充実感は幸…
  8. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  9. 2017-5-16

    権威を身に付けたかったら・・・

    権威というのは、形はないし、目にも見えません。 本当はあるのかどうかも分からないようなシロモノ…
  10. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る