お金はこうして「創られていく」

1.Aさんが持っているお金1000万円を銀行に預けるとします

2.銀行は、準備預金制度というルールに則って、Aさんの預金のうち1%の10万円を日本銀行に預け、残りの990万円を別の人に貸し出しすることができます(仮に預金準備率を1%としたとき)

3.その銀行へBさんがやってきて、土地を買いたいので990万円を貸してほしいと言うとします

4.銀行はBさんに990万円を貸し出して、Bさんの預金通帳に残高990万円と記帳します

5.すると、この段階ではこうなります

Aさんの預金残高 = 1000万円

Bさんの預金段高 0 → 990万円

6.もともと1000万円のお金しかなかったはずなのに、Bさんが借入をした段階で総額1990万円のお金をこの銀行は預かっていることになります

お金の「現物」は当初1000万円だったはずですが、いつの間にか記帳上はAさんの預金残高1000万円、Bさんの預金残高990万円となり、銀行に預けられているお金の合計金額が1990万円になる・・・という面白いことが起きているわけです。

つまり、誰かが銀行からお金の借入をすると、銀行に預けられている預金残高は増えていく・・・と言えます。

→ 「誰かが銀行からお金を借りると、通帳上のお金は増える」・・・ということです。

さらに、Bさんが土地購入で990万円を引き出し、Bさんに土地を売った人がその代金の990万円をこの銀行に預け入れれば、そこで990万円の新たな預金が生じますし、銀行はその1%を日銀に預けたうえで残りの99%(≒980万円)を別の人に貸し出しすることもできます。

そうやって、預金と貸出を交互に繰り返すこと銀行の預け入れ残高はどんどん増えていくことになります。

つまりは、世の中に出回るお金が増えることになります。

銀行側が「貸出したお金を全額回収する/貸出残高を0円にする」という暴挙に出ない限り、この連鎖は途絶えることなく続いていきます。

しかも、銀行は一つ限りではありませんから、銀行の数が増えれば増えるほど、こうした「記帳上のお金の残高」は天文学的に増えていくことになります。

逆に考えると、銀行がお金を回収する(一括返済を求める)と、お金は減っていくことになります。

・・・・・・・・・・・・・・・

このように考えると、現在市場に出回っているお金のうち、その何分の1ないし半分くらいは、もしかすると「実体なきお金」で「誰かの借金によって生み出されたお金」なのかもしれません。

もともと「実体があったお金」ではなく、誰かが要望して「借金を申し込んだことによって生み出されたお金」・・・と考えると、とても不思議な感じがします。

まあ、今の世の中は「銀行数が減る/合併で淘汰される」時代ですから、以前のように青天井に「実体のないお金が増え続ける」ということには一定の制限がかかっている、と言えるかもしれません。

でも、巷間よく言われているように「日本の預貯金残高は○○円もある!だから日本経済は破綻しない!」・・・という言葉にはある程度のフィルターをかけて見ることが必要かもしれない・・・と言えそうです。

なぜなら、そこで言われている数字(残高)の半分位くらいはもともと実体のなかった金額かもしれないからです。

いずれにしても、「お金は人の要望・望み・借金によって信用創造されるものである・・・」という経済の仕組みを知っておくことは大切です。

それを自分の家計・ビジネスに活かすも良し、無視して放っておくも良し・・・ですが、できることなら「活かす」ほうに頭を使いたいものですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る