お金を得る方法は「働いて稼ぐ」だけではない

夢を持っている人は多いと思います。

でも、その多くの人の夢は実現されないまま、いつしか雲散霧消していきます。

 

人は霞(かすみ)を食って生きているわけではないので、夢の実現より優先して行なうべき「お金の確保」を先行せざるを得ない・・・のが一つの原因です。

 

お金の確保に費やす時間だけで日々の時間の多くが過ぎてしまうため、夢の実現に時間を割くことがなかなかできず、つい後伸ばしにしてしまいがちです。

 

・・・・・・・・・・

「お金を稼ぐ」ことを真剣に考えることは確かに非常に重要です。

社会人になってからの人生は、まさにこの「お金を稼ぐ」という行為で大半が使われるわけですし、「お金を稼ぐ」ことについて考えることは「人生をどう過ごすか?」を考えることに通じます。

 

その結果、従来の多くのサラリーマンは、「生きていくためにはお金が必要で、「お金を得るためには働く(=就労する)しか手段はない」・・・という発想に縛られ、それがいつしか常識化して、その概念から抜けられずにいます。

 

それが当たり前・・・だと皆信じ込んでいます。

 

ところが、これは子どもの頃から教え込まれて育ってきた概念に過ぎず、本当は当たり前ではない・・・と気づく人も中にはいます。

「お金を得るためには自分が就労して働くしかない/そうすることが当たり前である」・・・と大人になった後も信じ込んでいくかどうかが重要な分岐点になります。

 

賢い人は、その限りではない・・と、ある段階で気づきますが、多くの人はその域に達することができずにいると思われます。

 

それは、周りにそうしたことを気づかせてくれる人がいないことも一つの原因だと思います。

お金を得るためにはいくつかの方法があって、「自分が就労する」というのはあくまでもその一つにすぎないと気づくことが大事です。

 

また「お金を得る」ことは別に人生の最終目的ではなく、自分の夢を実現する人生を歩む過程でたまたまお金が必要不可欠だからお金を得ることも人生では経験していかなければいけない・・・というプロセスの一環に過ぎません。

 

お金を得るには「自分が就労する」以外にも「自分の資産に就労してもらって、自分の資産がお金を稼ぐ」という手があります。

 

それが就労収入に対する「権利収入」であり、一つが「投資による収益」です。

 

日本ではどちらかと言うと「自分が就労すること以外でお金を稼ぐこと」をまるで悪であるかのように教えこんできた感があります。

 

「長い期間をかけてお金を稼がないと人は生きていけない社会」という概念が人々の意識に刷り込まれていつしか構築されてきたのは残念なことです。

 

「お金を自分が就労することで稼がなければならない」という冷酷なルールの下で、自分の人生の大半をつぎ込むことに何も疑問を持たずに生きている・・・そんなサラリーマンがとても多いように思えます。

 

そんな縛りから解除されて、もっと自由な発想で考えられるようになると良いですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-9

    【注意】貯金がないのに不動産投資を始めてはいけない

    家計における基本的なお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 つまり、「お金を増やす」…
  2. 2017-8-2

    利益を2倍にするテクニックと半分にするテクニック

    たとえば「1万円の商品で経費(原価)が9千円」だと仮定します。 一つ売れると1,000円の儲け…
  3. 2018-12-24

    「宝探しゲーム」と「人生成功の本質」

    子どもが小さい頃、宝探しゲームをやりました。やり方は簡単です。 親が家の中に子どもが喜びそうな…
  4. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  5. 2019-7-2

    年間200万円の貯金するとどうなる?

    たとえば、サラリーマンが稼いだお金のうち200万円を毎年単純に貯金していくと、5年後には1000万円…
  6. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  7. 2019-12-17

    「条件付きの自信」を「条件なしの自信」に変える

    仕事で「ゲン担ぎ」をすることは構わないですが、「条件付きで自信を持つ」ことはあまりしないほうが良いと…
  8. 2018-1-15

    残業が減って「副業」が認められる時代

    昨年大きな話題となったことの一つに「電通に端を発する長時間労働問題」や「政府公認による企業の副業禁止…
  9. 2017-10-21

    選挙で当選させてあげたい人

    明日(2017年10月22日)はいよいよ総選挙ですね。 衆議院選挙は全員の選挙なので「総選挙」…
  10. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る