老後破産の切符を手にしてはいけない!

日本人の多くは、お金を稼いだり増やしたりする手段を「自分が働く」か、「銀行に預金をする」か・・・くらいしか知りません。

ところが、「自分が働く」だと1日24時間で限界がありますし、「銀行預金」と言っても昨今の超低金利では利息はゼロに近いですから、結局はなかなか思うように「お金を稼ぐ+増やす」ができないでいる人が多いと思います。

しかも、これからAI化の社会になれば、知的な仕事はどんどん機械に奪われて減っていきますし、一部の仕事は若い海外からの留学生と競合すると、高齢日本人は勝てる見込みは薄いです。

サラリーマンが定年退職を迎えてリタイアするとしても、再雇用で今までよりも安い賃金で働いたり、他の会社では肉体労働的な仕事しか雇用してもらえなかったりして、退職後の暮らし方が大変になりかねません。

貯めてきたお金は、使うときはあっという間に減っていきます。

貯めるには時間がかかり、使うのは一瞬!・・・といった感じです。

そんなことから、いろんなところで囁かれているのが「老後破産の心配」で、一説によれば「10人中7人もの人がその恐れがある」・・・とか。

これが、金融鎖国・日本の未来だとしたら、何とも恐ろしい話です。

・・・・・・・・・・・・・・

老後破産の真相はNHKで特番が組まれてから多くの人の知るところになりました。

そうは言っても・・・まだ大丈夫だろう・・・自分には関係ないことだ・・・と多くの人は楽観的に考えていると思います。

それはそれですばらしいことなのですが、自分がたとえ大丈夫であっても、自分の周りの人が大丈夫ではなかったら・・・?

そのとき、自分は何を、どのようにして、あるいはどうすべきなのか?

関連する情報は一応頭の片隅に入れて置くことが大切だと思います。

「3人に2人が陥ると懸念されている老後破産」を少なくとも自分は回避できるように準備しておくことが大事だと思います。

老後破産の切符を手にしてはいけないですね。

そのためにも早い段階で行動を起こす必要があるでしょうし、行動が早ければ早いほど一つ一つの行動量は少なくて済みます。

老後破産を回避して「何があっても安心して日々を暮らしていけるだけの十分な資産」を自分で設けておくことが大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-6-1

    「投資」に対してポジティブなイメージを持とう!

    お金に関するトラブルは後を絶たず、世間では「株式の売買で損をした」・・・「FXで貯金をすっからかんに…
  2. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…
  3. 2018-1-2

    「18歳」←と→「81歳」

    2018年がどういう年になるかわかりませんが、21世紀になって早や18年・・・です。 何でも「…
  4. 2018-2-27

    サスケ!お前を斬る!光あるところに影がある・・・

    昔の忍者マンガに「サスケ」というのがあります。 テレビでは冒頭で「光あるところに影がある・・・…
  5. 2018-1-12

    【幸運を得る方法】分かち合う→これってやっぱり大事です!

    お金が儲かる話や、時間やお金を節約できる話や、ビジネスに関連する出会いがありそうな場所や、美味しいレ…
  6. 2017-5-21

    お金を稼ぎたい人の動機3パターン

    お金を稼ぎたい人の動機はだいたい3パターンに分かれます。 一つは家計を「マイナスから0」にする…
  7. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  8. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  9. 2017-8-31

    【不動産】仲介業者が大事にすべき客は買い手?売り手?

    株の売買は証券会社を通さないとできませんが、証券会社からすれば株を買う人も株を売る人も手数料を支払っ…
  10. 2019-7-18

    中国人はなぜ加速的に裕福になったのか?

    かつて、「労働賃金が安い」という理由で工場を中国に作ってビジネスを展開してきた企業も、今では「中国の…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る